キュレーションメディア

提供: ハンJ Wiki
Jump to navigation Jump to search

キュレーションメディア(和製英語:curation media[1])とは、ニュースサイト等の一時ソースをリンク形式、あるいは引用形式で集め提供する形態のウェブサイトの方式である。

キュレーションの種類[編集]

キュレーションメディアには複数の種類がある。

利用者参加型[編集]

NAVERまとめやTogetterが該当。登録した利用者が一時ソース(Webページ、Togetterの場合はTweet)を集め建前上は著作権法における引用の範圍で提供するという形態。
しかし著作権法における引用では主従関係が認められる構成にする必要があり、キュレーター(まとめ作者)個人の意見が主体となる構成にしなければならない[2]
また大学の卒論やレポートにおいては一般に引用できる文章の割合が規定されており、キュレーションメディアはその割合以上となる。
NAVERまとめをはじめとしたキュレーションメディアは主従関係を無視した構成であることが多く、著作権法上違法の可能性が高い。
(多くのまとめサイト・アフィカスも同様)
また保守速報裁判においてネット上の書き込みのまとめはまとめ作者に責任がないという責任逃れの方法が明確に否定され[3]、今ではこういったキュレーションメディアの運営・利用はハイリスク・ローリターンの傾向が強くなっている[4]

企業運営型[編集]

企業がピックアップした記事をリスト化するもの。
広義にはYahoo!ニュースや楽天、インフォシークも該当するが、それらのサイトは問題になることがないためここでは除外する。
狭義のキュレーションメディアとして有名なものはスマートフォン(Android・iOS)向けに提供されるグノシー・スマートニュースの2つである。
これらは大半のコンテンツがYahoo!ニュース等と同様配信者と契約を結び利益についても合意ができているとされ合法であるが、Yahoo!ニュースやインフォシークと決定的に違うのは、
グノシー・スマートニュースには2chまとめのカテゴリがあるということだ。
アフィカスと散々関わってきてネトウヨサイト裸祭りでも悪質さが露呈された2chまとめサイトの利益にIT企業が加担しているのである。
営利目的の2chまとめの問題点は以下の通りである。

  • 運営者の著作権に対する意識が低い→著作権侵害の温床に
  • (便所の書き込みをまとめているので)フェイクニュースだらけ
  • 運営者が責任逃れと思われかねない行動を繰り返している(保守速報栗田薫もえるあじあのyumi等)
  • 倫理・コンプライアンスがあり良心的な運営をしている場所が皆無(ハンJ速報捕手速報などの非営利系サイト除く)
  • そもそも5ch.netの書き込みをこう言ったまとめサイトに転載することは5ch.net管理人のJIMが明確に禁止している=存在自体が著作権侵害
  • ビジウヨも一定数紛れ込んでいる

キュレーションメディアへのBAN祭りは可能であるか[編集]

結論から言うとかなりの困難を要すると思われる。
はちま寄稿やJINで発覚したプレミアムアドセンス問題と同様Googleは大口顧客には甘い。NAVERまとめのアボセンスは例外中の例外だったと思われる。
しかしGoogleではなくグノシーやスマートニュースの本体に2chまとめの掲載停止や問題記事の通報・削除要請を行うことは可能であり、そちらの方面でのBAN祭りが現状成果をあげられる望みがある。

脚註[編集]

  1. 英語では"content curation"が主に使われ"curation media"の語は散見されない"
  2. 他人の著作物を適法に「引用」する際のルール【弁護士が教えるEC運営者のためのIT著作権法対策④】
  3. 「保守速報」賠償命令...判決で「まとめただけだから悪くない」がデマだと明らかに
  4. NAVERまとめは違法アップロード動画のまとめが問題となってGoogle直々にアボセンスされたため収益が激減した