嫌儲民

提供: ハンJ Wiki
ケンモメンから転送)
Jump to navigation Jump to search

嫌儲民(ケンモメン、けんもうみん、けんちょみん)は、嫌儲板の住民の総称。

複数形はケンモメン(英:Kenmomen)ともいうが、単数形のケンモマンとは言わない。一人でも複数形のケンモメンが使われる。女性の嫌儲民の呼び方は定まっておらず、「マンモメン」「ケンモウィメン」「ケンモウーメン」などが確認されているが基本的には女性でもケンモメンで通用する。

ネトウヨからはチョンモメン、恒心教徒からは心ある方々と呼ばれている。

概要[編集]

儲けることを嫌うという字面だが、実際は働くことを嫌うのでなく(働くことと儲けることは違う)アフィカスを激しく嫌っており、特に保守速報などのビジウヨを糾弾している。

ネトウヨ(特にビジウヨ)を寄せ付けないことで、住民の大半がリベラル・革新的な思想の持ち主となっている。

板長[編集]

嫌儲板には、板長という独自の役職があり、板長は嫌儲板の全体を管理する権限と責任を持っている。

初代板長はケンモメンの圧倒的多数の支持でタケヨシキが就任した。

皇族の思想がケンモメンと一致することが非常に多いので、天皇明仁と皇后美智子に永世名誉板長の称号が授与された。

政治姿勢[編集]

前述の通りリベラル・革新・左翼思想が強い住民で構成されているので、自民党に対して批判的である。そのせいで、ネトウヨから在日認定され、チョンモメンと呼ばれている。

ただし問題点もある。前述の女性の嫌儲民を意味する「マンモメン」というスラングは女性器から取ってつけられた言葉であり、女性蔑視的である。実際、嫌儲民の中にはネトウヨを批判する一方で自身は女性叩きをするミソジニストも結構いる。

また、嫌儲板にはかなりの数のネトウヨも住み着いており、しばしばそうしたネトウヨによって嫌韓系のスレが多く立てられるなどしているが、嫌儲民はそうしたネトウヨを板から排除することができないでいる。