ネトウヨBAN祭り年表

提供: ハンJ Wiki
移動先: 案内検索

テーマソング - パリは燃えているか


2018年[編集]

季節 日付 分類 出来事
04/02 ハングル板 「余命」信者による懲戒請求の被害者の1人、北周士氏が損害賠償請求をするための 原告団の結成 を発表。

信者たちの集う 「余命三年時事日記って真に受けていいの?168」 ではそれまでの楽観ムードから一転、実際に訴えられたらどうなるのかでスレがざわつく。中には 弁護士に和解や請求の取り下げを申告する者も現れる 。

04/26 ハングル板 「余命三年時事日記って真に受けていいの?」 になんJ民が煽り目的で大量に押し寄せる。

ハングル板にはネタスレやネトウヨをからかうスレが乱立。ネトウヨの情報交換所としての役割は消滅する。流入したなんJ民やケンモメンは自らを「ハンJ民」と名乗る。

05/03 Twitter なんJ民のハングル板植民地化を見かねたネトウヨの1人、カミカゼが 単騎ハンJ板に侵攻 。4万人のフォロワーに動員をかけるが誰一人参加せず、本人もハンJ民のなりすましの間に埋もれてしまう。
ハングル板 「ハンJ原住民 文化研究スレ」 が立つ。ハンJ民と原住民(ネトウヨというよりは韓国ウォッチャー)の対話を通して90年代後半以降のネトウヨの歴史が考察される。Togetterのまとめはこちら。
05/14 ブログ 余命信者による大量懲戒請求を受け、弁護士の佐々木亮氏、北周士氏が法的措置をとると正式に発表( 出典 )。BAN祭りの直接の引き金になる。
05/15 YouTube ハングル板に 「Youtubeのネトウヨ動画を報告しまくって潰そうぜ」 のスレッドが立つ(後にTwitterで「ネトウヨ春のBAN祭り」と称されるようになる)。
05/18 YouTube 『ガアラチャンネル』BAN。BAN祭りでの凍結第1号。
その他 日弁連の調査で、余命ブログ読者が行った懲戒請求が1年で13万件にも達することが判明。( 出典 )
05/22 Twitter ハングル板に 「ヘイトツイートをtwitterから追放するんだ」 のスレッドが立つ。
ブログ アットウィキ『ネトウヨBAN祭りwiki』が作られる。
05/24 YouTube 『某国のイージス』BAN
Youtube 『【公式】竹田恒泰チャンネル』BAN
Youtube アダルトマン将軍が爆誕する。( 出典 )
05/30 YouTube 『くつざわ亮治@NHKから国民を守る党』BAN
Youtube 『日本第一党チャンネル』BAN
06/04 YouTube 『OUTSIDESOUND(テキサス親父日本事務局)』BAN
ヤフーニュース ヤフーが「 コメント機能アカウントの投稿停止処置について 」を発表。
06/05 YouTube 『孝志立花(NHKから国民を守る党代表)』BAN
06/06 Twitter アニメ化が発表された小説『二度目の人生を異世界で』の作者、まいん氏の過去のヘイトツイートが発掘されたことに端を発し、声優の降板およびアニメ化の中止を発表。のち、同小説の出荷も停止される。( 出典 )
ブログ ネットユーザーの通報により、エプソンが『保守速報』から広告を撤去する。( 出典 )
06/07 ブログ ツイッターで 「#保守速報に広告を出している企業」 というハッシュタグが生まれる。以降、『保守速報』の広告通報が加速する。
06/09 ブログ ハングル板まとめサイト 『ハンJ速報』 が爆誕する。
06/13 ブログ 『保守速報』の広告が完全に消滅する。
06/14 ブログ ツイッターでの広告剥がしの成功を受け、ハングル板に 「ネトウヨサイト裸祭り」 のスレッドが立つ。
06/15 ブログ 「ネトウヨサイト裸祭りWiki」 が作られ、通報用のメールのテンプレートやノウハウが集約される。
06/18 YouTube BAN祭りに反発するネトウヨが六本木ヒルズ前で「YouTubeは日本から出ていけ」デモを開催する。主催の在特会がハンJ民が釣り目的で作成したチラシを採用。当日は5、6人の参加者が集まった模様( 出典 )。なお、この日は早朝に大阪府北部地震が発生し、5名の尊い命が失われている。
ヤフー知恵袋 ヤフーが「 不快投稿への対応強化について 」を発表。差別や中傷を含む投稿の削除が迅速化。
06/22 Twitter 自称「なりすましには厳しい子沢山の主婦」星空サラ氏が高齢男性によるなりすましだと判明する( 出典 )。以降女性やマイノリティを装いながらネトウヨ発言をするアカウントに対して「星空案件」「イエノモノ」と呼ぶことが定着する。
06/28 ブログ 大阪高裁が名誉毀損で訴えられた『保守速報』に損害賠償200万円を命じる。( 出典 )
06/29 ブログ 『アノニマスポスト』からほとんどの広告が剥がされる(現在は別サイトに移転して運営を継続)。運営元の特定が進む。( 出典 )
07/06 ヤフー知恵袋 ハングル板に 「Yahoo!知恵袋を浄化するんだ□」 のスレッドが立つ。
07/08 ブログ ネトウヨの生態研究を管理人が個人的に行うブログ 「ネトウヨ大百科」 が開設される。
07/09 ヤフー知恵袋 仙台地裁が“国籍透視”の書き込みを人格権侵害と認め、ヤフーに削除と原告への慰謝料支払いを命じる判決。( 出典 )
07/10 Twitter 海外メディアに「シリア危機に対する世界最悪の反応第2位」と名指しで批判された自称漫画家、はすみとしこの身元の研究が進む。( 出典/ヘイト閲覧注意 )
07/11 Twitter Twitter社、偽アカウントを大量削除
07/13 その他 佐々木亮弁護士が『余命三年時事日記』の運営者情報開示を求め大阪地裁に提訴。( 出典 )
07/14 YouTube YouTubeの削除基準が変わり、削除数が激増する。
07/15 Amazon Google公認のYouTubeエキスパート、エキニキ氏によるBAN祭り解説本 『YouTubeからヘイト動画をなくそう!』 がKindleで出版される。
07/18 YouTube 登録者数50万人を超える大手ネトウヨ KAZUYA さんのチャンネルが凍結される。しかし翌19日、過去の動画削除と引き換えに復活。第二形態に進化する。
07/19 YouTube 1日で94チャンネル、30,304件以上もの動画が凍結。
07/20 その他 『ネトウヨ兄のデマを正す妹bot』 が爆誕する。名前の通りネトウヨの間で囁かれている陰謀論を140字で論破するスタイルが好評を博し、2ヶ月でフォロワー1万人を突破。 「ネトウヨ兄のデマを正す妹ゲーム」 も作られる。
07/27 Twitter 芳文社『まんがタイムきららMAX』連載の4コマ『本日わたしは炎上しました』の作者・どげざ氏が大量のヘイトスピーチを発掘されて炎上し一時休載となった問題で、編集部が同連載の打ち切り終了を発表する。( 出典 )
07/30 YouTube 累計1000チャンネルのBANを達成
08/01 Twitter 「#脱ネトウヨ体験」 というハッシュタグが作られ、沢山の元ネトウヨによる告白が寄せられる。『ネトウヨ大百科』の あるコメント がきっかけだった。
08/11 Twitter ハングル板に 「架空のウヨ戦士作ってTwitter右界隈でのしあがろう」 が立つ。始めはスレ主が保守系女子高生に偽装し、住民のアドバイスを受けながらネトウヨ・フォロワーを伸ばすという釣り目的のスレだったが、やがてDMを使ってアドバイスや情報交換を行うネトウヨ界隈の生態研究に発展する。

特に自民党議員・片山さつきがスレ主のヘイト系のRTを認識した上でDMを送ってきた一幕はスレ住民を驚愕させた(余談だが、片山氏は第4次安倍内閣発足後、唯一の女性閣僚に指名されている)。 スレ終了後も、有志がネトウヨに紛れながら(良心の呵責と共に)生態研究を継続している模様。

08/14 その他 日本テレビ系「ザ! 世界仰天ニュース」で余命ブログによる懲戒請求問題が取り上げられる。( 出典 )
08/16 Twitter Twitter社、凍結回避を試みたアカウントを大量凍結
08/21 Twitter 冷笑系クラスタ、dada氏が顔バレする。ツイッター民により様々なコラ画像が作られる。( 出典 )
08/23 Twitter ネット保守連合がBAN祭りへの反撃と称して「パヨチン撃沈・秋の大運動会」を立ち上げる。
08/25 YouTube 累計50万件の動画削除を達成
9/10 その他 幸福保守系の日本人が台湾の慰安婦像を蹴る映像が台湾で大きく報道され炎上、日本と台湾双方の保革陣営から批判を浴びる。該当人物はSNSアカウントを消し逃走。(現在は復活)( 出典 )
Twitter 『テキサス親父日本事務局@MR_DIECOCK』凍結
09/17 Twitte 『オレ的ゲーム速報@刃』管理人、アカウント凍結の異議申し立てで個人情報をセルフ開示
09/19 YouTube DHCテレビの『真相深入り! 虎ノ門ニュース』がガイドライン違反のため一時的に配信が制限される。
09/20 Wikipedia ハングル板に「ネトウヨのウィキペディアの偏向記事を改善するんだ」のスレッドが立つ。
ブログ 広告を剥がされた『保守速報』が、新たな財源としてしおりの販売を開始する。( 出典 )
09/21 YouTube 累計1500チャンネルのBANを達成
09/25 その他 『新潮45』が休刊を発表。同誌はかねてより寄稿者、杉田水脈氏、小川榮太郎氏のLGBTに対する見解で批判を浴びていた。杉田氏は「LGBTは子どもを作らないから生産性がない」、小川氏は「LGBTの権利を認めるなら、痴漢の触る権利も社会で保障すべき」などと主張していた。( 出典 )
Twitter ツイッター社、人種・民族等の集団に対するヘイトスピーチを含む投稿の禁止を利用規約で明文化する方針を発表。
09/27 その他 朝日新聞の慰安婦証言を捏造だと著書で指摘していた西岡力氏が、根拠としていた資料の捏造を裁判で認める。氏の著書は朝日新聞叩きのために櫻井よしこ氏など他の保守論者にも広く用いられていた。( 出典1 、 出典2 )
9/29 ブログ 『netgeek』に中傷デマを流布されたITコンサルタントの永江一石氏が、懸賞金20万円で運営者情報を募集。1時間ほどで十分な情報が集まったとのこと。( 出典 )
9/30 Twitter 沖縄知事選中より、辺野古基地反対派の玉城デニー氏に対するネガティブキャンペーンやデマの流布が加熱。当選後には殺害予告をする者まで現れる。この事態を受け、 ネットメディア や ツイッター有志 によるファクトチェックや違反報告が行なわれる。
10/02 Facebook はすみとしこが2つ持つFacebookアカウントのうち『 はすみとしこの世界 』がBANされる
その他 自己責任論や排外主義的な言動でひんしゅくを買っていた落語家が 不倫相手にDVを行っていた ことが発覚し、パーソナリティーを務めるラジオ番組を降板。
10/04 その他 事実上「新潮45」を廃刊に追い込んだ文芸評論家・小川榮太郎氏の過去の経歴が週間文春によって取り上げられる。生活困窮のため怪しげなネットワークビジネスに手を出していたこと、すぎやまこういち氏が資金提供していた「視聴者の会」の運営費を私的に流用していたことなどが報道される( 週刊文春 、 視聴者の会 )。
10/05 その他 東京都議会でヘイトスピーチを目的とした集会に対する都の施設の利用制限などを盛り込んだ規制条例が賛成多数で可決・成立。都道府県単位でのヘイトスピーチ規制条例制定は全国初。( 出典 )
ブログ 大阪市のヘイトスピーチ審査会が2つのネトウヨ系ブログに掲載された記事を「在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチ」と認定し、プロバイダに削除要請を行うことを決定( 出典 )。
Twitter 累計1,000アカウントBANを達成
10/11 Twitter 「パヨチン撃沈・秋の大運動会」主催者と目されていたネット保守連合の@dajya_rangerがTwitterアカウントを凍結される。開会から1ヶ月半の戦果は0であった。
10/12 Twitter 『はちま起稿』と『オレ的ゲーム速報@刃』が告知用のTwitterアカウントを凍結される。
10/23 ブログ 東京地裁が「余命」信者による弁護士大量懲戒請求騒動で、2回の審理を欠席した41歳男性に33万円の損害賠償を命じる判決。一連の騒動では初の司法判断。判決では「原告の金竜介弁護士が一文字姓であることを理由にした懲戒請求は民族差別であり不当」と認定される。( 出典 )
10/25 ブログ 保守速報やNetgeekなど複数のネトウヨ系ブログやバイラルメディアが一斉にダウン。外部からのDDoS攻撃が原因とみられる。( 出典 )
10/26 その他 嫌韓・反中路線でネトウヨの主要な情報源となっていた小学館の月刊誌『SAPIO』が2019年1・2月合併号を最後に事実上休刊し、不定期刊へ移行することが発表される。
10/29 ブログ NHK「クローズアップ現代+」で弁護士大量懲戒請求騒動を特集。NHKに直接取材された余命は「読者が勝手にやった。責任なんて感じるわけないでしょ。(画像)」とばっさり信者を切り捨てた。( 番組サイト
ブログ 余命が神原元弁護士ら3名に対し、7億2千万円を求めて民事損害賠償請求をおこす。印紙代は200万円程度で信者たちから乞食する模様。
10/30 ブログ アットウィキ「ネトウヨBAN祭りWiki」が凍結。凍結に伴いハンJwikiに避難所を開設。
11/02 ブログ 佐々木弁護士、北弁護士が懲戒請求者約900人を提訴
11/19 ブログ バイラルメディア「Netgeek」の運営者情報が公開される。同時にNetgeekの捏造の被害者たちが運営者に対して集団提訴を行うと発表。


旧ページキャッシュ