ホルホル

提供: ハンJ Wiki
Jump to navigation Jump to search

ホルホルとは、おもに海外の反応系ブログ/TV番組を観たネトウヨが発症する、日本人による自画自賛のことである。

由来[編集]

NAVER ENJOY Korea(現在は閉鎖)で、韓国人がハングルで書いた笑い声の機械翻訳が由来だとされている。
ホルホルも参照。

現在の意味[編集]

もともとは韓国人による自画自賛や自国ヨイショを揶揄する言葉として、ネトウヨや嫌韓によって使用されていたが、現在ではホルホル番組や海外の反応系のまとめサイトが普及するとともにネトウヨに対して使われることが多くなっている。
ハングル板嫌儲なんJ等でホルホルが使われていたら、ほとんどの場合後者のネトウヨによる日本の自画自賛を意味している。

ホルホル番組・海外の反応系まとめブログの問題点[編集]

2000年代中盤から後半、インターネットの普及と日韓関係の悪化によってネトウヨが増えたように比例して盛り上がった市場が「世界から見た日本・日本人」(以下、海外の反応と記述)といった特集や書籍、番組である。
(ネトウヨ曰く、戦後レジームの中で自虐教育が行われた反動としてホルホル本が盛り上がっているらしいが。
古くから日本人論・日本文化論とよばれる文学のジャンルは存在していたが、それらの多くは多少のナショナリズムを利用した商売の目的があったとしても学者や作家がしっかりと考察・研究したうえで出されており問題点は少ない。日本人論参照
海外の反応と日本人論の決定的な違いは、考察や研究など皆無でただ街角の外国人観光客のインタビューやインターネット上の書き込み(4chan、reddit、8chan等)から無造作に都合がよい意見を引っ張ってきて寄せ集めて日本(人)賛美を結論としていることである。

海外の反応系ブログの管理者はホルホルに依存したネトウヨを囲い込み、ネトウヨの広告閲覧でアフィリエイト収益を上げるため、飯のタネであるネトウヨが食いつきやすい内容にしがちである。
まとめは恣意的になり、場合によってはVPNを介してまとめの管理人が外国人に成りすまして4chanに書き込んでロンダリングする、そもそも架空のスレッドを作り上げ捏造する、クラウドワークスで外国人の反応を捏造する依頼を出すといったモラルの欠如がみられる。
内容はネトウヨにとって都合のいい意見の翻訳ばかりであり、ネトウヨが気分を盛り上げるために海外の反応系サイトや本を利用することから愛国ポルノとの批判がなされている。
こういった海外の反応系ブログやホルホル本・番組は実害を与えており、日本人の留学生の間でホルホル系で得た情報と現実における外国人の認識とのギャップの大きさが嘆かれている。

BAN祭りにおけるホルホル[編集]

かつてBAN祭りではホルホル・海外の反応の動画のBANは難しいとされていた。それは海外の反応の動画は比較的差別要素が薄く、いままでBAN祭りで主流となっていた差別用語を書き出して通報するといった手法を取りにくいからである。
しかし、現在ではスパム 誤解を招く表現や著作権侵害で浄化することもできることが判明したのでそちらでの通報が主流となっている。

[編集]