ポリコレ棒

提供: ハンJ Wiki
移動先: 案内検索

ポリコレ棒とは、ハンJ民の基本武装にして言論界における最強にして最凶の武器である。


概要[編集]

ポリコレ棒とは、“年齢や職業、性別、宗教、人種などで差別・偏見を受けることがないような表現”などを意味する「ポリティカル・コレクトネス(ポリコレ)」より派生した、正義面で他人を攻撃することで社会的信用を失墜させることのできる兵器である。ハングル板の主な住民であるなんJ民が野球好きなことから「ポリコレバット」と呼ばれることもある。

発生[編集]

もともとポリコレは、容姿・身分・宗教・人種・民族といった個人の状況に対する差別を連想させる表現をやめよう、という動きである。例えば、

「看護婦」→「看護師」

「スチュワーデス」→「客室乗務員」「フライトアテンダント」

「メリー・クリスマス」→「ハッピー・ホリデーズ」

「Miss.」「Mrs.」→「Ms.」に統一

といったようにできるだけ中立な表現に置き換えることである。

この動き自体は差別に反対するという観点から特に海外では多くの支持を得ていた。しかし、発祥地である英語圏でもこれに反発する者も少なからずおり、例えば、アメリカ大統領のドナルドトランプがメキシコ人への攻撃的発言を行っていたことは記憶に新しい。

また、海外ではいわゆるゲーマー・オタク層などを中心にポリコレ表現に反発するものが目立ち、そのような層がポリコレに反論するとすぐ攻撃されていることをまるで棒でたたくようだ、と形容し、「ポリコレ棒」という表現は誕生した。


実例[編集]

実際にポリコレ棒が発動したとされるケースは多数確認されている。例えば、

・ライトノベル「二度目の人生を異世界で」の作者まいん氏が中韓への中傷発言→アニメ化中止・絶版に発展

・マンガタイムきららMax連載「本日わたしは炎上しました」作者どげざ氏が生活保護受給者などへの差別発言

 →諸般の事情で休載(事実上の打ち切り)

といったものがある。

しかし、ポリコレ棒の使用自体は反差別界隈だけの特権ではない。

例えば、映画監督のジェームズ・ガン氏は2012年に自身の女性差別発言に関して謝罪しているが、ポリコレに反発したアメリカのオルタナ右翼層(日本におけるネトウヨのようなもの)によって攻撃のだしにされ、結果ガーディアン・オブ・ザ・ギャラクシー.vol3 の監督を降板させられている。

この点から、兵器としての運用には注意が必要である。


ハンJにおける扱い[編集]

ハンJ民は基本的に愉快犯である。ネトウヨに関しても体のいいおもちゃとしてハンJ民は扱っている。

つまりハンJ民はポリコレ棒が凶器である、という点を理解したうえで遊びで振り回している限りオルタナ右翼やネトウヨの反撃を恐れることはないのだ。

むしろ日本では反ポリコレのネトウヨどもがその辺を歩き回っている程なのでいっそ思いきり振り回して泣かしてやれ。

強化アップデート[編集]

BAN祭りにおいて、ハンJ民が初めて手にした武器は、差別を理由に通報するポリコレ棒であった。しかし、2018年6月半ばに入ると、目に見えてYoutubeの反応が悪くなり、ようやく1日1チャンネル程度しか凍結ができなくなった。この低迷期、成果が見えにくくなったことで離れていったハンJ民もいたが、一部のハンJ民たちは差別のみではなく、スパム、著作権砲といった新たな武器をもって通報を行うようになり、着実にスキルアップに努めていた。

しかし、2018年7月17日に転機が訪れる。これまでは3つの動画が削除されることで初めてチャンネルがBANされていたが、Youtube側はヘイトを理由とするものについて、場合によっては1度の規約違反でもBANするというように対応を変えたのである。これにより初期武器のポリコレ棒の性能は大幅にアップし、7月17日には50以上もの動画が削除されるようになったのである。以降、ハンJ民たちは強化されたポリコレ棒でネトウヨを叩くようになったのである。

参考[編集]

トランプ氏就任から聞くようになった「ポリコレ棒」ってどういう意味? - ねとらぼ