余命三年時事日記

提供: ハンJ Wiki
Jump to navigation Jump to search
余命三年時事日記
基本資料
名前 余命三年時事日記
通称 余命ブログ
URL http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/
設立日 2012年8月16日
サーバー X Server
管理人 余命プロジェクトチーム・一般社団法人やまと
特色 WordPress

余命三年時事日記(よめいさんねんじじにっき)とは懲戒請求騒動の元凶となったブログである。自身も弁護士からの反撃を受けるも、返り討ちにする気満々で1500pもの証拠資料を用意し、「ふるえて待て」と2019年1月18日に書いてから403エラーとなり閲覧できなくなった。1月31日に訴額7億2000万円の公判が始まったようである。この提訴の際にブログ読者からカンパを募ったそうだが、期日前に提訴を取り下げてしまったようだ。要するにカンパに応じた読者は持ち逃げされたようなものである。

管理者について[編集]

管理者は不明であるがいくつかの憶測が存在する。

ネットに強い弁護士は個人情報を記載するのみでは、刑事罰は問われないと発言。)

青林堂説[編集]

  • 余命が懲戒請求を煽った佐々木亮弁護士は青林堂元従業員と青林堂の間で裁判を行っていた。
  • 余命ブログの書籍が2015年に青林堂から出版されていた。

以上のことからハンJ民の間で「余命ブログは青林堂が運営していて、佐々木弁護士をターゲットにしたのは労働裁判敗訴への逆恨みだったのでは?」との憶測が流れていた。

しかし、後述のタクシー運転手説・社団法人説の信憑性が高まってからは青林堂説はほぼ否定されている。

70代タクシー運転手説[編集]

毎日新聞の報道によると、

複数の関係者によると、管理人は70歳代で元タクシー運転手だという。[1]

とのことである。

一般社団法人説[編集]

上述の70代タクシー運転手が所属する一般社団法人がやっていたという説。

「余命」に天誅!余命三年時事日記の嘘とワナを暴く。参照。


確証はとれていないが、エックスサーバー株式会社は一般第二種電気通信事業者で利用者の個人情報を管理する義務があることから余命ブログの運営者情報も把握しているとみられ、佐々木亮弁護士ら懲戒請求の被害者が開示請求を行えば高い確率で余命の管理者が誰なのか判明すると思われる。

懲戒請求被害者の一人である小倉秀夫弁護士の2018年12月23日付Facebook投稿によれば、エックスサーバー社が余命三年時事日記の運営者情報開示に応じた模様[2]

註釈[編集]