李信恵

提供: ハンJ Wiki
Jump to navigation Jump to search

李 信恵(リ・シネ[1] )、日本のライター、ジャーナリスト。

概要[編集]

大阪府東大阪市出身。
在日朝鮮人2.5世。大学在学中からフリーライターとして女性誌やタウン誌で活動。卒業後はフリーライターとして活動。
国内における差別問題や教育問題、慰安婦問題について取り上げていたことから、ネトウヨ・ビジウヨから誹謗中傷を受けていた。
2014年に在日特権を許さない市民の会高田誠保守速報に対して訴訟を起こして有名になった。

在特会側が敗訴したが、結果的にまともじゃない在特会や保守速報が負けた。

  1. 方言の違いにより「リ」が「イ」になるが、彼女は「リ」を採用している。ネトウヨからは信恵を訓読みした「ノブエ」と呼ばれることがあるが、蔑称に近い。