用語集/か行

提供: ハンJ Wiki
移動先: 案内検索
用語集
- - - - - - - - - - 英数

[編集]

外患誘致罪[編集]

(がいかんゆうちざい)

刑法81条に規定されている犯罪で、日本の領土に侵攻した外国の軍隊他の武力組織に便宜を図り目的遂行を支援することに対する罪。法定刑が死刑のみで懲役や禁錮が無いのに加え、未遂の場合も処罰の対象となるため現行の刑法では最も重い罪となっている。 極めて強権的な性格を持つ法律であり、さらに政治・外交問題とも直結する罪であるため検察・裁判所ともにこの法律の適用に極めて消極的で施行されてから一度も審判対象はおろか訴追した例すら存在しない。 これはかつて日本国内でソ連のスパイが活動しており、その構成員を逮捕したとき(いわゆるゾルゲ事件)にこの法律の適用が検討されたが公判維持の観点から見送られ当時の治安維持法等によって処罰された。

ネトウヨの脳内では野党および左派・リベラル系など「反日」勢力の大多数が中国・韓国・北朝鮮(いわゆる「特亜」三国)と繋がっていると言うことになっているため、政府・与党の方針に反対する行動を理由にこの罪を適用すべきだと言う主張が頻繁に見られる。逆に、同じ国家反逆行為でも刑法78条他の内乱罪(外国の武力組織と無関係に政府を打倒するため武力や暴力的手段を用いる行為に対する罪。こちらは戦前において訴追例がいくつか存在するが、戦後になってからはオウム事件レベルでも適用が見送られた)を適用すべきだと主張する意見はほとんど見られない。

BAN祭りの発端となった弁護士大量懲戒請求騒動で各都道府県の弁護士会に送り付けられた懲戒請求でも「朝鮮学校へ補助金を交付すべきだ」と言う決議が外患誘致罪に当たると言う主張がほとんどを占めていたが、当然ながら罪の成立要件には該当しないため請求はことごとく却下されている。

解放記念日[編集]

2018年5月1日(Celebrating Liberation Day)

ハングル板解放戦争における重要な局面の一つ。

ハングル板に侵攻したなんJ民の手によってハングル板のメインスレッドである「余命三年時事日記って真に受けていいの?」のスレ立てテンプレートの破棄が宣言され、長く暗いヘイト時代が終焉を迎え新時代が訪れたことにハングル板全体が歓喜した。

本記念日の約2週間後には、ハングル板解放戦争の趨勢を決定付けた「Youtubeのネトウヨ動画を報告しまくって潰そうぜ 」のスレが立ったことからも、この解放宣言の影響の大きさがうかがえる。

【参照】 解放記念日宣言レス「余命三年時事日記って真に受けていいの? 179

核兵器[編集]

ネトウヨが大好きなもの。日本は核武装しろ、原爆ドーム解体、被曝者はゆすりたかり名人などと広島・長崎ヘイトをたれながしている。

「アメリカの核は共産主義から自営するための綺麗な核」と主張するネトウヨがいるとかいないか。

アメリカが核使用で戦争を終わらせたと肯定するのは問題視しないが、韓国が同様の主張をすると激しく怒り出す二枚舌である。

学歴[編集]

個人の学業上の経歴を指す単語。「低学歴への偏見」「学歴コンプレックス(高学歴への劣等感や他者の学歴への執着)」「企業内での学閥対立」などは社会問題に発展しつつある。

KAZUYAの学歴が高卒であることなどから、ネトウヨに対して低学歴煽りを行う者も見られる。一方でネトウヨ側も2015年の安保法制反対デモに対するカウンターとして「偏差値28」を左派・リベラル系への煽り文句に使っている。 しかし、学歴で人間を決めつけるのは差別行為で人間性が疑われるので、極力学歴を攻撃材料にするのは避ける事が望まれる。

ハンJ民内でも学歴の話題で荒れる光景が時折見られるが、なんJでも学歴煽りのスレは頻繁に立つので、ある意味避けられない現象なのかもしれない。

柏原発[編集]

(かしわげんぱつ)

千葉県柏市にある原子力発電所…というのは嘘で、この世に存在しない原発である。

2018年9月6日未明に発生した北海道胆振東部地震の影響により、全道で停電が生じた。この際、猫組長、はすみとしこなど多くのネトウヨがTwitter上で「『柏(かしわ)原発』が動いていれば停電は防げた」との主張を繰り広げた。

しかし、「柏原発」なるものは日本中どこにも存在せず、北海道電力の「泊(とまり)原発」を勘違したか東京電力の「柏崎刈羽原発」と無意識に混同したものと思われる。余りにも多くのネトウヨが同じ間違いを犯したことから「ネトウヨは“柏原発”の存在する別の平行世界に住んでいるのではないか」などと揶揄する声が上がった。

華族[編集]

(かぞく)

戦前の身分制度で江戸時代の大名や公家などが分類された。

ネトウヨは中華民族の略だと思い込んでいる。

カミカゼじゃあのwww[編集]

もともと2ちゃんねるで活動していた政治系コテハン。

思わせぶりな発言のわりに現実に与える影響力の小ささから「そよ風」「臆病風」とも呼ばれる。

ハングル板侵攻開始後の5月3日、突如「カミカゼを探せ」なるキャンペーンを開始し、信者をハングル板にけしかけたが、本人以外誰一人として参加する者はいなかった[1]

同じウヨ陣営である余命三年時事日記と折り合いが悪く、2016年の官邸メール事件[2]、2018年の大量懲戒請求騒動[3]などをめぐり、度々ウヨゲバを引き起こしている。

カリカリトゥ チョムニダチェンジ[編集]

韓国語で「政権交代」 というのは嘘
李田所と同じくネトウヨを釣るためのネタ
もともとはSyamu_gameの発言「カリカリトゥ カメラアングル チョムニダチェンジ」であるがカメラアングルをあえて取り除き韓国語っぽいチョムニダを全面に押し出している。
チェンジ(英語)と突っ込まれるのはお約束である。

カルト[編集]

特定の人物や物事を熱狂的に崇拝する行動や行動を複数人で取る集団を指す用語で、新興宗教などの団体をカルトとして指すことが多い。

ネトウヨの行動や特定人物への盲目的な支持意見などもカルトとして見られることがある。また、実際に90年代における新興宗教といったカルト団体のビジネスにおけるノウハウが愛国ビジネスにも流入しているとする説も存在する。

川崎市[編集]

神奈川県の第二の都市で政令指定都市のひとつ。市の東端で市役所が置かれる川崎区には全国有数のコリアタウンがあり、在特会を始めとするネトウヨと反ヘイト団体の衝突が繰り返されている。

川田先生に任せなさい[編集]

KSM Worldのこと。
ネトウヨYouTuber KSM WorldのKSMの意味がKawada Senseini Makasenasai(カワダ センセイニ マカセナサイ=川田先生に任せなさい)であったことがWeb Archiveによって判明したのが由来


韓国[編集]

(かんこく)

ネトウヨの攻撃対象の一つで特定アジアの一角をなす。ハングル板ではかつて韓国に関する話題が多かった。

韓国人[編集]

(かんこくじん)

韓国に住む人のこと。

ハングル板原住民の間では攻撃対象であった。

関西[編集]

ネトウヨ極右に染められた日本の中でも汚染度合いが凄まじい印象の強い地域。
関西ローカル番組のネトウヨ度合いは異常。
しかしネトウヨの一部は関西地方とくに大阪湾沿岸部(大阪市 尼崎 西宮等)において在日朝鮮人の人口が多いことを理由に関西=反日と考えているものも確認されている (チンフェなど)


艦隊これくしょん -艦これ-[編集]

略称は「艦これ」。角川ゲームス開発・運営、DMM.comより提供されている基本プレイ無料の艦隊育成シミュレーションゲームで、2013年にブラウザゲームとしてリリースされた。第二次世界大戦期に活躍した軍艦を扱っているが、その軍艦が美少女に擬人化されているのが特徴。比較的軽い課金要素や擬人化された軍艦のイラストなどが受け、一躍人気となった。

戦車を題材にしたアニメ『ガールズ&パンツァー』(ガルパン)と並んで扱っている題材の性質上、ネトウヨを呼び寄せやすい要素があると言われ「なりすましに厳しい主婦」こと星空サラも艦これファンを自称していた。そこに加えて運営の不手際や人気に乗じた同人ゴロなども流れ込んだことから、コンテンツに関する不祥事やイベント絡みのトラブルなども頻繁に発生している。無論のこと艦これやガルパンのファンを「=ネトウヨ」と決めつけるのは偏見であり、他のアニメアイコンや猫アイコン利用者などにも共通する問題と言えるだろう。

2015年放送のアニメ版は中国を含めて海外でも紹介されているため同人での人気は高いが、ゲームは日本以外で公式にサービスを提供していないため中国では「艦これフォロワー」として同じ題材の『戦艦少女R』や『アズールレーン』を始め様々なタイトルがリリースされて一大ジャンルを形成するに至っている。その一部は日本版もリリースされて人気を博しているが、艦これに比べるとネトウヨが寄り付かない傾向がある点は他ジャンルの中華ゲーと同様である。その一方で「共産独裁国家にまともなコンテンツは作れない」と言った中国への激しいヘイトを行いながらもこれらのゲームに重課金を行うという、立ち位置がよく分からないネトウヨも確認されている。

神田与右衛門[編集]

記念すべき第1000号BANチャンネルである(2018年7月30日に達成)。 2018年5月18日に「ガアラch」が第1号BANチャンネルとなってから73日後の偉業達成となった。

偉業達成の瞬間は下記スレッドの569レスを参照

【参考】 YouTubeのネトウヨ動画を報告しまくって潰そうぜ236

官報[編集]

日本政府が法律・政令・条約の公布を目的に発行する機関紙。国会で成立した法律は官報への掲載を経て施行される。全国の公立図書館や有料の紙面配信サービスを通じて読むことが可能。

裁判所から出された破産宣告や法務大臣による帰化申請の許可などの個人情報も掲載されるため、ネトウヨが「反日」認定した人物を攻撃するソースとして官報を用いることがある。

寛容のパラドックス[編集]

オーストリア=ハンガリー帝国出身のイギリスの哲学者であるカール・ポパーが主張した考え。 詳細は省くが、かなり大雑把に説明すると「矛盾しているようだが寛容性を守るためには不寛容には不寛容であるべき」と言った内容。 ヘイトスピーチの自由を主張するネトウヨへの反論として用いられることが多い。


[編集]

機械判定[編集]

YouTubeの削除・収益制限は担当者が動画の内容を精査して行っているのではなく、何かしらの審査用のAIや機械が通報した数の多さで判断しているという陰謀論。BAN祭りの最中に一部のネトウヨがこれを主張した。

仮に機械判定だったとしても、通報数の多さで削除判断がされているのならば、有名である反面アンチも非常に多いことで知られるYouTuberのヒカルやシバターも同様にBAN・動画の収益制限にされていなければおかしいという結論になってしまう。その時点でネトウヨの主張する機械判定という物が成り立たないことが分かる。ただし、一応異議申し立てによる復活に成功した動画を見た一部のネトウヨは、このような考えを更に信じ込んでしまった模様。


玉音放送[編集]

通常の意味は天皇の肉声(玉音)を放送することだが、ハンJではBANされたネトウヨが自身のTwitter等でお気持ちを表明する事を指している。

旭日旗[編集]

陸軍海軍旗。軍国主義をイメージする悪名高い旗だが、なし崩し的に自衛隊にも採用された。日の丸同様にネトウヨが大事にする旗。 中国や韓国にとってはかつての侵略、韓国にとっては植民地支配をイメージする旗として当然拒絶されている。 旭日旗と同じように「負の歴史の象徴」として拒絶されている旗にはナチス・ドイツが使用していた鉤十字旗や、南北戦争時代のアメリカ連合国が使用していた南軍旗がある。

キンピーブログ[編集]

共産党を誹謗中傷することを目的に作られたブログ。 共産党が批判するものはオウム真理教以外賛美し、共産党が擁護するものは敵視している。 元党員、現役党員がコメントしているが自称なので、本物かどうか疑わしい。 アフィリエイトが付いているので、閲覧はおすすめ出来ない。

[編集]

くさい[編集]

空気が読めていないこと

場の雰囲気を乱すことからくさい人物はお客さんやニワカが多い

くっさ[編集]

空気が読めない・うざいお客さんに対してのレス

クッポン[編集]

「国家」と「ヒロポン」(1950年代に禁止されるまで広く流通していた覚醒剤の錠剤)を組み合わせた韓国語の造語で「国家中毒者」、すなわち過激なナショナリストの意味。日本のネトウヨや中国の憤青とよく対比される。 「韓国版2ちゃんねる」と言われることもある巨大掲示板の「日刊ベストストア」(通称「イルベ」)が主な拠点になっており、特に竹島(韓国名「独島」)や日本海(韓国名「東海」)呼称問題、従軍慰安婦問題などに絡んで過激な反日思想を煽ったり韓国が日本と比べていかに優れているかを列挙する様子は日本のネトウヨと瓜二つである。 当然ながらクッポンの過激な反日主張が韓国の一般的な世論と言う訳ではなく、大半の韓国人は大日本帝国による植民地支配には否定的評価を下しつつも「現在の日本国は別物」とする考え方が主流とされている。

クラウドソーシング[編集]

フリーランスのライターやイラストレーター等を対象にした単発の仕事募集を掲載しているサイトのこと。代表的なサイトとして、クラウドワークスやランサーズがある。

2017年9月、クラウドワークスで嫌韓・反中や野党に対するバッシングを煽るブログ記事を1本当たりの単価を示して発注していた案件が掲載されていたことが発覚し、同サイトでは「利用規約および仕事依頼ガイドラインに反する案件」に当たるとして掲載を中止する対応を取った。

【参考】 政治系ブログ記事作成案件の掲載中断に関しまして (クラウドワークス)

また、宇予くん騒動でもTwitterでのアカウント作成前にランサーズでそれらしきキャラクターの発注案件が掲載されていたことが判明している。これ以外にもヘイト動画の作成発注と見られる案件が掲載されていたケースがあり、ネトウヨ系のブログや動画が激増した背景にはこの種のサイトに匿名で仕事を発注するビジウヨの存在が大きいのではないかと指摘されている。

軍師[編集]

軍中において、軍を指揮する君主や将軍の戦略指揮を助ける職務を務める者のことである(出典:Wikipedia)。

ネトウヨは敵対勢力への反撃の計画や呼びかけをするだけで、結局自分では何もしない事が多いとされる。その印象通りに、BAN祭りでもハンJ民やYoutubeへの反撃や左翼チャンネルの通報などを呼びかける声は出たが、そこから自らによる行動らしき様子を見せないネトウヨが大多数であった。そんな指揮官気取りのネトウヨを見たハンJ民は、彼らを「軍師」と皮肉って煽った。

軍師を気取ったネトウヨや冷笑系と比べると、アダルトマン将軍やYoutubeへのデモを行った新妻舞美などのネトウヨを再評価する声もある。低すぎる次元での再評価話だが。

[編集]

経済制裁[編集]

YouTubeに投稿された動画の収益無効化や、ネトウヨ系のブログやバイラルメディアからの広告剥がしによるアフィリエイト無効化( ネトウヨサイト裸祭り )も経済制裁の一環とも言える。ネトウヨが北朝鮮に対して用いる常套句で言うところの「 対話より圧力 」である。

芸能人[編集]

芸能を職業とする人。日本ではTV出演しているタレントを指す定義として使われる場合が多い。

少し名前が売れてTV露出が増えると、確実にネトウヨから一度は在日認定を受ける。 検索エンジンでも「芸能人の名前 在日』という検索結果が高確率で表示され、ネトウヨによるサジェスト汚染の被害を示している。 一応、有名な大御所芸能人の中にも在日の人物が存在すると言えば存在するのだが……。

Kさん[編集]

BAN祭りの黒幕とされる人物。祭りが始まった頃にハンJ民が「黒幕はKさん」と言う情報を流し、時には「Kさんからまだ成功報酬が振り込まれていない」と言ったレスが書き込まれることもあった。当然ながら全てはネトウヨに対する釣り目的のネタであり、いかなる実在の人物を指すものでもなければ動画削除に応じた成功報酬を支払うスポンサーも存在していない。「Kさん」を実在の人物と誤認した中には「Kさん=KAZUYAで、競合するネトウヨ系チャンネルを潰してシェアを独占する目的でやっている」と言う仮説を唱える者もいた。

当初からネトウヨをおちょくる目的の作り話だったが、「エキニキ」こと大谷憲史氏がチャンネル内で、YouTubeや親会社であるGoogleが、BAN祭りで殺到した報告を怪しんで上記のような危惧を抱き、取り合ってもらえなく恐れがあると不快感を表明して以降、Kさん絡みのネタは自重されるようになった。

Kの法則[編集]

ネトウヨ用語。「朝鮮民族は疫病神だ、関わるとロクな事にならない」というネトウヨの主張で「福沢諭吉や松下幸之助が実際に言っていた」等と著名人が提唱者として仮託されることが多い。特に、松下幸之助を提唱者とするのがネトウヨの間で主流の定説らしい。

GATE 自衛隊かの地でかく戦えり[編集]

元・自衛官の作家の柳内たくみがアルカディアで書いたネット小説。のちのアルファポリスから書籍化、竿尾悟によるコミカライズ、文庫化、ついにはアニメ化までされて地上波放映された。 愛国ポルノ作品の地上波放映は流石に顰蹙を買った。あろうことか自衛隊の隊員募集ポスターにも使用されている。

嫌韓[編集]

(けんかん)

韓国および韓国人に対する嫌悪感情。ネトウヨはほぼ例外なく韓国に(伝統的保守主義で敵とされる)北朝鮮と同等ないしそれ以上の憎悪を向けている。

伝統的な保守主義では反共産主義の立場から長らく軍事独裁体制が続いた韓国とは友好的な姿勢を取ることが多かったが、2002年のワールドカップを契機に日本国内で韓国への嫌悪感情が高まったとされ、山野車輪『マンガ嫌韓流』の刊行によって「嫌韓」と言う単語が広く使われるようになった。

2011年のフジテレビ抗議デモでは「韓流ブーム捏造をやめろ」と言うのが主催者側の主張であったが、同じフジサンケイグループでも産経新聞が民主化以降の韓国を北朝鮮と同等に敵視する姿勢を強める一方でフジテレビは「反北朝鮮・親韓」の伝統的保守主義を引きずっていたギャップがネトウヨの不興を買った「韓流ゴリ押し」の背景にあったと言うことは余り指摘されていない。

原住民[編集]

ある土地に元々住んでいた人々を、外部からの侵略者が区別して呼称する言葉。5chハングル板では、2018年5月のなんJ民侵攻以前から常駐するネトウヨ達のことを指す。 なんJ民の侵攻により板全体が反ネトウヨに転じた後も時折現れては支離滅裂な書き込みを繰り返すため、見かけたらおもちゃ…もとい、丁重におもてなしするのが通例となっている。

けんま[編集]

5ちゃんねる(当時は2ちゃんねる)のなんでも実況J(ジュピター)板(通称:なんJ)が発祥のネットスラング。2012年、とある高校生(当時)がなんJで炎上し、居住している番地までの詳細な住所が特定されたが、その住所の隠語として「千葉県松戸市」の「ちば けんま つどし」から「けんま」と呼ばれるようになった。転じて、住所を特定された人物の家を第三者が視察に行くことを指す。

現地へ足を運ぶことが出来ない場合、Googleストリートビューを使うことを「バーチャルけんま」とも言う。

嫌儲[編集]

(けんもう、けんちょ)

5chの掲示板。 住民はステマ騒動をきっかけにニュー速(旧速)から移住してきた者が多いことからアフィブログを嫌悪しており嫌儲板の書き込みはアフィブログに対して転載禁止である。

旧速はネトウヨ向けの話題がアフィブログにとってまとめやすく稼ぎやすいとのことでネトウヨが好む話題が多くアフィブログから流入したアフィウヨやお客さんも多く生息していた。

その反動で反アフィ・反旧速を掲げる嫌儲では反ネトウヨが主流となり、東亜板侵攻をはじめハンJ解放やBAN祭りに積極的に関与したとされる。

ケンモートレーサー[編集]

かつて東亜板の転載禁止投票の際にネトウヨコテハンの真紅が開発したという謎の兵器。

この名称を明かしたのは真紅ではなくぱぱというコテハンの方だったりする。 当時の東亜板でのやり取りを解釈すると「なんか怪しげなプログラム砲」らしい。 実際は最後までこれらしき兵器が利用されることはなく、今現在もその正体やネトウヨの彼らが脳内で想定していた構造は不明である。

ケンモメン[編集]

嫌儲板の住民のこと。
なんJ民やとうすこ民とともにハンJに移住した者も多く存在する。

言論弾圧[編集]

(げんろんだんあつ)

動画を削除されたネトウヨの常套句。しかし、元を正せば民間企業のGoogleが定めた規約に違反した動画がアップされていたので民間人からの通報で削除されたに過ぎず、その間に公権力は一切介在していないので、言論弾圧の定義には当てはまらない。

[編集]

強姦[編集]

(ごうかん) ネトウヨの脳内では韓国の国技。 国内の強姦魔は通名を使用した在日コリアンだと妄想している。 しかし、米軍の強姦は被害者を誹謗中傷するという二枚舌である。

公認報告者[編集]

BAN祭りが開始されたのと同時期にGoogleが創設した「YouTube公認報告者プログラム」により、Google側から認定された報告者のこと。資格は違反動画の通報履歴を基にGoogle側からの推薦と言う形で付与され、複数の動画を一括で通報する権限や通報案件が優先的に審査されるなどの特典がある。

推薦の基準などは公表されていないが、具体的には通報した動画の違反率、つまりどれだけ正確に違反動画を通報したかの実績が基に判断され、単に通報件数が多ければ良いと言うものではないとされている。また、公正を期すため公認報告者の資格を得てもその事実を公表してはならないと定められているので、公認報告者になれてもTwitterなどで自慢するのはご法度である。

講談社[編集]

音羽グループの大手出版社。 比較的リベラル、左寄りとされるが、ケント・ギルバートのヘイト本を出したりネトウヨに媚びた漫画を載せるなど、顰蹙物のことをしている(流石にケントの本に関しては社内ですら避難囂々だった)。

幸福の科学[編集]

1980年代に大川隆法を教祖として設立された新興宗教団体で、新興宗教としては一定の信者層を持つ(団体が自称するほどの数はいないが)。インターネット上での活動にも力を入れており、いくつかのYouTubeチャンネルを運営している。

この団体を母体とする政党の「幸福実現党」も設立されているが、2009年の結党から現時点まで国政選挙で当選者を出したことはない(ごく短期間、無所属議員が入党する形で参議院に議席を持っていたことはある)。 実は教祖大川や幸福実現党の政治的主張は極右思想であり、ネトウヨの主張する政治的思想との共通点を指摘する声も。ネット上での活動に積極的なことから、ネットにおける愛国ビジネスとの深い関係性が推測されている。

このような政治的主張やネットでの精力的な活動の割にはネトウヨ全体からの支持は得られていないのは、教祖の公開霊言がネット上で広くネタにされている事やオウム真理教事件に始まる宗教アレルギーの影響だろうか。

国籍透視[編集]

ネトウヨが論争の相手を「そんなことを言う者は日本人でない」と決め付けること。いわゆる「在日認定」とほぼ同義。

5ちゃんねるやTwitterを始めネット上では日常的かつ安易に行われているが、ネトウヨ系論壇誌の『WiLL』(ワック・マガジンズ)が土井たか子元衆議院議長を帰化人とするネット上のデマを事実確認せずに掲載して名誉毀損で訴えられ最高裁で敗訴しているのを始め、2018年7月にはYahoo!知恵袋で在日朝鮮人だと書き込まれた男性が事実に反するとして書き込みの削除を求めた裁判で「氏名や出自、国籍を第三者に正しく認識してもらう人格的利益が侵害された」としてヤフー側に削除と慰謝料15万円の支払いを命じる判決が仙台地裁で下されている。

国民が知らない反日の実態[編集]

ネトウヨによって様々な人物や企業及び団体が反日認定のランク付けなどをされているまとめWiki。特定の企業や団体へのネガティブキャンペーンや不買運動などもサイト内で強く推奨している。情報的な信用性は皆無で価値がないと言っても良いが、ネトウヨの思想や世界観を見る上での研究資料としては参考になるかもしれない。

心の関東軍[編集]

YouTube以外の動画サイトにも戦線を広げたくなる衝動。戦線を広げて敗北につながった関東軍になぞらえた言い回し。 (用例)「ニコニコにも戦線を広げたいという心の関東軍を押さえろ」

なお関東軍以外にも以下のようなものが心には潜んでいる。良い子のみんなは気をつけよう。

  • 心の日帝(心の関東軍~心の大本営)
  • 心の関東軍(戦線拡大)
  • 心の柳条湖事件(マッチポンプ)
  • 心の隣組(自治厨化)
  • 心の大本営(虚偽の成果報告)
  • 心の岡くん(煽りが高じてジャップとか言っちゃう)
  • 心のチンフェ(謎の自分語り コテハン化)
  • 心の無職(様々なことへのDD論)
  • 心の聖騎士団(聖戦だと勘違いしちゃう)
  • 心の十字軍(関係のない場所に突撃)
  • 心のカッス(本スレでの過度なアダルトマン)

コソボ・クリミア方式[編集]

(こそぼ・くりみあほうしき)

超法規的措置で反日勢力や特定の民族を粛清すること。

余命三年時事日記の信者を中心とした一部のネトウヨが真顔で主張していたが、要するに「気に入らない奴を敵認定して●す」ということであり、カルト的な危険思想である。

5ch[編集]

かつての2ch。匿名巨大掲示板。

誤BAN[編集]

(ごばん)

言論弾圧と同様に、アカウントを削除されたネトウヨの常套句。当然ながら誤ってアカウントがBANされた訳ではなく、Googleが定めた規約に違反した動画がアップされていた事実を確認した視聴者からの通報を受けてGoogle側が精査した結果、削除に至ったのであり誤BANには該当しない。また、動画を削除された場合でもGoogle側の判断に不服があれば再審査を請求することが認められているが、Googleに対して再審査を請求するネトウヨは少数に留まっているようである。

503エラー[編集]

「503」や「弾(球)切れ」とも。一定時間内の通報数が規定値を超えるとしばらく(1時間程?)通報できなくなる。この現象はどうしようもないので、発生したら休憩しよう。

米10キロ[編集]

ネトウヨを煽るスラング。 2015年2月19日放送のNHK首都圏ネットワーク 『摩擦社会を生きる “ヘイトスピーチ”はどこへ』 に登場したネトウヨが、インタビューにおいて 「今の夢は今度の給料で米10キロ買うこと」 とのあまりにも寂しい夢を語ったことから、ネトウヨの貧困を揶揄する言葉として定着した。 ネトウヨ側は、インタビューは 「NHKのやらせ」 と主張している。 【参考】 摩擦社会を生きる “ヘイトスピーチ”はどこへ

コンス[編集]

竹田恒泰 を中心に、ネトウヨの間で流布している朝鮮式と主張されるお辞儀。お辞儀をする際に、前で両手を組んだり手を重ねたりして礼をするお辞儀を朝鮮式のお辞儀コンスであるとして、日本人がこのようなお辞儀をするのは、朝鮮に毒されて(あるいは朝鮮の陰謀に踊らされて)日本の伝統を蔑ろにするようになった反日であると攻撃し、そのようなお辞儀を社員に教える企業を反日企業とレッテルを貼る。しかし、彼らは、このような様式のお辞儀が、多くの大企業で行なわれているどころか、天皇皇后両陛下でさえ行なっているという事実にほとんど触れることはなく、そのような指摘や批判があっても、何らかの反応をするどころか撤回訂正する姿勢を一切見せない。このため、竹田恒泰は、皇族と血縁があることをネームバリューとしていることに引っかけて、コンス帝と皮肉られる場合もある。

このように歪曲されてはいるものの、コンス自体は実在する。「拱手」と漢字表記し、現在では主に中華圏で行なわれるお辞儀であり(中国語読みではクンショウ)、漫画などでステレオタイプの中国人が「シェイシェイ」と言いながら行なう挨拶に近い。朝鮮でも行なわれていたのは事実であるが、彼らの主張はナンセンスであり、主張の内容は後述の「 朝鮮飲み 」に似ている。

コンプライアンス[編集]

compliance。「遵守」と言う意味の英単語で、特に企業の法令遵守・社会的責任を指して使われる。YouTubeが規約で「ヘイト禁止」を定めているのは、日本のヘイトスピーチ解消法を含む各国の法令に対するコンプライアンスの一環である。

註釈[編集]