用語集/な行

提供: ハンJ Wiki
移動先: 案内検索
用語集
- - - - - - - - - - 英数

[編集]

ナチス/ナチス・ドイツ[編集]

かつてドイツに存在した「国家社会主義ドイツ労働者党」の通称。オーストリア出身のアドルフ・ヒトラーを中興の祖として選挙で第一党を獲得し、他の政党を解散して独裁体制を敷いていた。ナチスが政権を握っていた1933~1945年の間のドイツは「ナチス・ドイツ」と呼ばれる。ユダヤ人などの虐殺や第二次世界大戦勃発の一因などで世界史に悪名を残した。詳細は長いのでWikipedia辺りのサイトを参照。ナチスという存在は現在のドイツ及び欧米諸国でも強く忌避されており、党のシンボルだった鉤十字(ハーケンクロイツ)は本国のみならずフランス、ベルギー、オーストリア、ポーランド、ブラジルおよびイスラエルなどで公共の場での掲示が厳禁となっているのを始め、本国ではナチス式の敬礼ポーズを取ったりすると逮捕される場合がある。それでもナチズムに惹かれる若者は絶えず、ネオナチなどの社会問題も抱えている。

日本ではかつての同盟国にして第二次世界大戦の敗戦国同士という関係や、欧州という離れた地域での存在だったためか欧米人よりはナチスへの嫌悪感が薄いとされる。そのことに加えて排外主義などの思想面での共感からか、ネトウヨ層にもナチスの思想や当時の活動に肯定的な思想を持つ者は珍しくない。竹田恒泰のチャンネルBANも、動画内におけるナチスによるユダヤ人虐殺の容認的発言が決定打になったと言われる。

尚、防弾少年団騒動の時はナチス賛美の高須克弥は、猶太人を擁護せり。韓国ヘイトの為の演技である。

南京[編集]

(なんきん)

ハンJにおける討伐数の単位。

1南京=30万件である。

由来は南京大虐殺における中国人の犠牲者数の一説より。

その由来ゆえ、外部での使用は避けるべきである。

なんJ[編集]

(なんじぇー)

5ちゃんねるのなんでも実況Jupiter板の略称

ハンJ民に多大な影響を与えた。

なんJ民[編集]

(なんじぇーみん)

なんJの住民のこと。時代によって変わってくるが、おおよそ「先住民」、「原住民」(きうり民)、「やきう民」、「お客さん」の4つに分類できる。

現在のなんJ民はやきう民がほとんどであるが、アフィリエイトブログ(アフィカス)の影響でお客さんの流入が激しい

なんでも実況J(ジュピター)/なんJ民 巨大掲示板群5ちゃんねるにある掲示板の1つ、及びそこに常駐する人々のこと。

2009年5月に野球chの住民が大量流入したことから野球に関する話題が中心で、猛虎弁などの独特の言語・用語や文化もそれに由来するものが多い。 一方でサッカーなど他のスポーツやTV番組実況、果ては自分語りといった雑談なども多く文字通りなんでもありといった様相で、他の話題を忌避する住民間の対立も激しい。 まとめブログなどで紹介され外部からも人が流入した結果、現在5ちゃんねるで最も勢いのある掲示板となっている。 現在でもハセ学や様々な嫌がらせの手法という形で息づいているハセカラ騒動が起きたのもこの掲示板。特にハセカラ騒動以降はそれまで多く見られたトリップが極めて少なくなり現在でも自分語りを盛んにする者は嫌悪される傾向にある。

思想面は住民の幅広さ故一概に言えないが、基本的に政治の話は敬遠される傾向にあり、また野球選手にも韓国人や在日朝鮮人の流れをくむ人も多数いることから他の掲示板ほど嫌韓には寄っていないとされる。 一方で「叩けるものはなんでも叩く」傾向があり女性・障碍者・学歴・特定地域等を蔑視する書き込みも多い。その手のスレはまとめブログでも紹介されやすいことから一部のネトウヨはなんJ民にシンパシーを感じていたようだ。 そのため今回の運動をなんJ民になりすました何者かの仕業と思い込むネトウヨも頻出しているが、結局のところ諸々の騒動で「ネトウヨはアホで叩けば音のなるおもちゃ」となんJ民に認定され、同じくターゲットにされただけの話である。


[編集]

ニキ[編集]

猛虎弁(なんJ 板特有の方言)でアニキの意。

肉屋を支持する豚[編集]

(にくやをしじするぶた)

ネトウヨの矛盾性やアホさを表す言葉である。

昨年6月、アメリカの新聞で 日本のアニメの優秀さを紹介する記事で

民族主義に走る 日本の一部のアニメクリエイターやオタク消費者たち

という取材コラムがあった。 記事では、自民党がメディア規制や表現規制に熱心で

最終的には言論規制にまでつながりかねないことを紹介した上で、

そんな自民党を民族主義で支持する アキバ系たちをこう呼んでいた。

「 肉 屋 を 熱 烈 に 支 持 す る ブ タ た ち 」

もともとは表現規制や児童ポルノ規制法を進める自民党を支持するアニオタ達を揶揄する言葉であった。

しかし近年はネオリベや貧困絡みの批判に多く用いられることも増えている。

さらには、製作会社やクリエイターに忖度して作品や制作会社・クリエイター批判を許さず、少しでも批判した相手を徹底的に攻撃する系統のオタクについても「肉屋を支持する豚」と評する向きもある。

児童ポルノは世界の極右が嫌っているものである。露西亜のTeska等。

ニコニコ大百科[編集]

大手出版社のKADOKAWAとニコニコ動画運営母体のドワンゴを傘下に置く持株会社のカドカワが設立した大百科ニュース社により運営されているオンライン百科事典。サービス開始当初は広告代理店の未来検索ブラジルが運営していた。

ニコニコ動画やニコニコ静画とも連携している。記事には2ch型掲示板機能が搭載されているのも特徴で、記事に関する雑談や編集議論のやり取りが可能。

ニコニコ大百科にもBAN祭りやそれに関する単語の記事がいくつか作成され、ネトウヨも参加した賑わいを見せた。
なお、その中でBAN祭り記事の初版はネトウヨ編集者によって作成されたものの、余りにも内容が偏向的かつ稚拙だったためユーザーに総ツッコミを食らった後、氏の文章はあえて削除せず右寄せにして残すという形で皮肉られることとなった。
ちなみにその初版作成者はピクシブ百科事典で度々トラブルを起こして追放された前科持ちで、流れ着いたニコニコ大百科でも同様の行為を繰り返したことから編集権停止処分を下されている。


ニダ[編集]

韓国語で「です」に当たることば。

ネトウヨ・嫌韓の設定では韓国人は語尾にニダをつけるとされる。

2ch全AAイラスト化計画[編集]

(にちゃんねるぜんアスキーアートイラストかけいかく)

管理人「まそ」がひたすら2chで活躍中のAA(アスキーアート)をイラスト化していくという趣旨で運営されているサイト。

歴代2ch(5ch)の様々なAAが幅広くイラスト化されており、右派問わず政治系のAAのイラスト化も見当たる。 BAN祭りで知られることになった星空サラのAAイラストも用意されており、「通常」「リアル」「SD」の3パターンのAAがイラスト化されるなど力が入っている。

2ch.sc[編集]

(にちゃんねるどっとえすしー)

2014年に2ちゃんねる(現5ch)の運営上のトラブルが発生した際に、2ch運営権を失ったひろゆきの手で作られた2chのコピーサイト掲示板。

2ch.netのあらゆるスレや書き込みが転載禁止の文言を消した上で勝手に転載されるという仕様になっている。 ひろゆきの手によってアフィブログに対する転載が許可されており、このサイトを転載元にする5chまとめブログも存在する。 まんまコピーサイトであるため、検索エンジン上でも本家2ch.netに対する激しい妨害となっていた。

sc独自での書き込みも可能なので、2chユーザーの間でスレへの突撃を避ける為の罠として逆利用される事がある。 この誘導罠に気付かないと誘導された側が鏡に向かって会話をする「壁打ち」とも呼ばれる悲惨な光景を作り出す。 BAN祭りでも祭り初期にはネトウヨをsc側に偽造誘導するハンJ民が確認された。

日韓断交[編集]

在特会日本第一党系のネトウヨが主張する、日本と韓国の国交断絶運動のこと。遅くとも2012年頃から「日韓断交共闘委員会」を名乗る団体が活動しており「ヨクキク強力除鮮液 チョンキール」などの差別を煽るステッカーを作成していることが確認される。

実際問題として、隣国と言う地理上の特性から日本・韓国の双方とも貿易総額で中国・アメリカに次ぐ第3位の相手国であり、日本側から見れば断交により2.1兆円分(2015年)の輸出超過を0にすると言うのは全く非現実的である。

二度目の人生を異世界で[編集]

小説投稿サイト「小説家になろう」から書籍化されたライトノベル作品。作者:まいん、イラスト:かぼちゃ。安房さとるによるコミカライズもされている。

アニメ化も決定するほどには人気作品だったのだが、まいん氏が自身のTwitterで過去に中韓へのヘイトスピーチ発言をしていたことや、書籍版の一部設定及び表現(主人公の前世が先の戦争で数千人を斬り殺した剣の達人だったというもの)が中国人に問題視され、炎上する事になる。 最終的に声優降板からのアニメ製作中止や書籍の出荷停止などの結末を迎え、偶然にもBAN祭りで盛り上がっていた時期と重なったハングル板及びハンJ民の間でも話題となり、本作に関する専用スレ(『二度目の人生を異世界で』を読むスレ)が建てられる事になった。

なお、作者のTwitterはヘイトスピーチ発言を抜きにしても同業者や著名人への批判や罵倒を数多く行っていたため、仮にヘイト発言をしていなかった(或いは自主削除が間に合った)としても、どの道炎上やアンチの増加は避けられなかったのではないかと指摘する意見も多い(アニメ中止にまでは至らなかったかもしれないが)。

日本会議[編集]

日本最大の規模を持つ右派系組織で、複数人のネトウヨの関係が取り沙汰されている。一般にはそれほど知られていなかったが、菅野完『日本会議の研究』の刊行で注目されるようになった。

日本第一党[編集]

在特会創立者の「桜井誠」こと高田誠が設立した極右系政治団体。党首の高田本人を始め国政・地方選挙に何度か候補者を擁立している。

日本国民党[編集]

鈴木信行が設立した日本第一党の補完勢力的極右政治団体。 役員には元在特会関係者が多数おり、政策も日本第一党とほぼ変わらない。

ニュース女子[編集]

DHCテレビ制作、東京MXテレビなどで放送されていた番組。沖縄ヘイトで悪名を高めて地上波から追い出された。

極右系中年オヤジどもが頭悪そうなグラドル相手に悦に浸ってウヨウヨした持論を話す気持ち悪い番組だった。

ニュース速報[編集]

速報性の高いニュースを扱うという趣旨の板で、旧2ch(現5ch)を代表する板の一つだった。「ニュー速」「ν速」とも呼称される。

2012年にステマ騒動が勃発すると、転載禁止のルールがある嫌儲へ大多数の住民が移住してしまう。 その後は復興スクリプトによって板全体が爆撃を受け、短期間でかつての栄光はどこへやらの廃墟と変貌し、「旧速」と呼ばれる始末になる。 嫌儲に移住した主要層もステマ騒動初期の混沌で更なる別地に移動した者も現れたため、実質かつての主要層は完全に散り散りになったと言える。 板の勢いが衰える中でもニュー速に残留した者も僅かながら見られ、現在は古いタイプのネトウヨの溜まり場とも化している。

[編集]

[編集]

NAVERまとめ[編集]

(ねいばーまとめ)

ネトウヨが愛用するデマの根源となっているサイト。

運営は韓国企業でLINEを運営する会社である。

ネットの断片的な情報をつぎはぎのように集めていることからtogetter同様情報弱者が使うサイトの代名詞で数々の「ネットde真実」デマが生み出されている。

著作権侵害の温床でもある。

ネキ[編集]

猛虎弁(なんJ 板特有の方言)でアネキの意。ハンJ民の間では、TwitterでBAN祭りをよく話題にしている精神科医の香山リカ(リカネキ)を指すことが多い。

[編集]

(ねこ)

食肉目ネコ科ネコ属に属する小型動物で、世界中でペットとして飼われている説明不要の人気動物。 特に具体的なデータはないのだが、ネトウヨがやけにTwitterなどのアイコンやヘッダー画像に好んで用いる事が多い動物と言う風潮が存在し、一部からは「猫アイコン=ネトウヨ」という偏見に近い意識が生まれており、純粋な猫愛好家への風評被害になりつつある。 猫とネトウヨ(というか政治厨と呼ばれる存在含めて)の関係性について考察する声もあるが、具体的な答えが出る話ではないだろう。

具体例としてはKAZUYAが自身のチャンネルのヘッダー画像に猫の写真を使用していたり、ネトウヨ系バイラルメディア『Netgeek』のニュースカテゴリに「動物」があり猫の画像をよく掲載していることなどが挙げられる。猫画像が目当てで『Netgeek』を巡回するうちにネトウヨ化してしまった読者の存在も報告されており、ビジウヨ側も猫の誘因力を強く認識しているのだろう。

余談だが、猫を象徴にしている政治団体として左派系の「肉球新党」が存在する。この団体に対しても「動物を政治利用している」として、一部に批判の声が上がっている。

左寄りの思想があると考えられている音楽家の坂本龍一は、大の猫好きである。

ネット右翼[編集]

ネットで右翼的、排外的、差別的な言動をとる者のこと。ハンJ民のおもちゃ。

略称はネトウヨであり、ハンJでは、こちらを用いることがほとんどである。

ネトウヨを参照

ネットDE真実[編集]

(ねっとでしんじつ)

既存マスメディアへの不信感から「マスコミの報じることは嘘ばかりで本当に国民が知るべきことを故意に報道していないが、インターネットではあらゆる真実を知ることが可能である」と思い込み、ネットで知った情報を何の疑問も抱かずに信じること。ネトウヨのほとんどがこの状態である。

年齢制限[編集]

YouTubeの動画の機能。18歳以上でログインすると視聴可能であるが、未成年者の場合はログインしても視聴できない動画に適用されている。フィクション上(つまり現実に起きた性犯罪や暴力・虐待行為の記録に該当しない)の性的・暴力的な描写を含んでいたり凄惨な事件や事故の動画でもYouTubeの規約に反するものでなければ投稿自体は可能だが、年齢制限のある動画は原則として収益化できない。なお、年齢制限が必要な内容なのに制限が課されていない旨を運営に報告することにより、審査の結果で次第では動画の収益無効化が可能である。

NTUY[編集]

淫夢語でネトウヨと読む。

[編集]

註釈[編集]