用語集/は行

提供: ハンJ Wiki
移動先: 案内検索
用語集
- - - - - - - - - - 英数

[編集]

バーチャルYouTuber[編集]

(バーチャルゆーちゅーばー)

2Dイラストや3DCGのモデルで作られた架空のキャラクターが、YouTubeの動画の配信や動画投稿を行うというバーチャルアイドルの一種。「VTuber」と表記されることも多い。

2000年代初頭に流行した「バーチャルネットアイドル」の系譜にあるものと言え、当時ブームを牽引していた「ちゆ12歳」もVTuberとしてデビューしている。

かつてのバーチャルネットアイドルは衰退期に政治系のネタを扱うものが複数見られたが、VTuberでも非ネトウヨ系の「 みーちゃんの政治ちゃんねる 」など、政治系のものが少数存在している。そのため、今後ネトウヨ系のVTuberが躍進するような事態を招く危険性を訴える意見もある。

また、ハングル板のBAN祭り本スレでは韓国人の元VTuberが「国籍を理由にネトウヨから執拗な嫌がらせを受けたため引退した」と言う動機からBAN祭りに参加していると書き込んでいる

バイキング[編集]

フジテレビで『笑っていいとも!』の後番組としてやっている坂上忍がメインMCをしている番組。
最初はいつ終わるかわからないと言われていたが、ギャラが比較的安い坂上が番組を上手くまとめて行く内に引き締まった番組になって現在に至る。
思想的にネトウヨ寄りのフジテレビにしては意外にも良識的な番組、つまりネトウヨが嫌う番組というのが特徴となるが、坂上の横柄と取れる態度が嫌いだという視聴者もいる。

白人様[編集]

(はくじんさま)

ホルホル系のネトウヨや一部の日本人の相手が黒人やアジア人だと排外的な態度をとるくせに相手が白人女性だとおもてなしと言わんばかりに下手に出るダブルスタンダードを揶揄する時に使われる言葉。

歴史修正系のネトウヨは「大日本帝国はアジアを白人から解放した」といった主張を繰り返し白人に対して敵対的であるがホルホル系のネトウヨは白人に対して激アマである。

それを揶揄するということで「様」がつけられた。

白人をおいておけ[編集]

普段全然ボランティアに参加しないどころか花火大会やハロウィンといったローカルなイベントでポイ捨てを見て見ぬふりをしている日本人が、国際的なスポーツ大会のときだけ進んでゴミ拾いボランティアに参加することを揶揄したフレーズ。

なぜスポーツ大会の時のみゴミ拾いをするのかといった疑問に対し嫌儲民は「欧米のメディアに日本人すごいって言われたいために外面だけよくしている」との答えを導き出した。

そのため日本人やホルホル系のネトウヨに効率よく仕事をさせるには目の前に白人を置き褒めさせるといったアイデアが出された。

ハセカラ[編集]

2012年のなんJにおいて、ある高校生と弁護士が引き起こした騒動とそこから発生した特定集団(恒心教)を指す用語。ハセカラ騒動で誕生した恒心教はなんJから派生した存在だが、騒動の外部への拡大において徐々になんJとは分離した集団へと変化を遂げていった。

BAN祭りにおいても、ハセカラ騒動で築かれた知識やノウハウはハンJ民にも流入して活かされることになった。

詳しくは唐澤貴洋Wikiを参照

裸祭り=[編集]

(はだかまつり)

BAN祭りに着想を得て始められたネトウヨ追撃作戦の一つ。Twitterでは「ネトウヨサイト裸祭り」のタグが使用されている。発案者は木野寿紀氏(Twitter:@Kino_Eesti)で、日夜フェイクニュースを垂れ流すネトウヨ系のブログや運営実態不明のバイラルメディアにアフィリエイト経由で配信されている広告に着目して始められた。広告を配信している企業(その多くは配信サービス経由のため個別の掲載サイトについては把握していない)への広告引き揚げ要請および、差別的なサイトでの利用を禁止する規約違反をアフィリエイトサイトサービスに通報すると言う形で行われている。

その結果『保守速報』にアフィリエイト経由で広告を配信していたエプソン販売が広告引き揚げを表明したのを嚆矢として、国内外の企業が続々と同サイトからの広告引き揚げに踏み切った。さらにネット広告配信大手のA8.netが規約違反を理由に配信停止処分を行い、その他の広告配信も全て遮断され一切の広告収入を断つ大成功を収める。そのため、引き続きネトウヨ系バイラルメディアの『Netgeek』や『アノニマスポスト』、また旧2ちゃんねる時代に転載禁止処分を受けていたゲハブログの『はちま寄稿』や『オレ的ゲーム速報@JIN』、アニメ系の『やらおん!』などのフェイクニュースを恒常的に発信しているサイトを対象に、広告剥がしの要請が続けられている。

Panasonic[編集]

(ぱなそにっく)

大阪発祥の家電メーカー。PHP研究所や松下政経塾などの親米保守というか極右的な思想が垣間見える。

Hanada[編集]

(はなだ)

ワックマガジンズを社長の一存で追い出された花田紀凱が編集部と執筆陣まで分捕って飛鳥新社で刊行した雑誌。

バナナ[編集]

いわゆる情報商材の一つ。ドメイン名に「banana」という文字列が入っているためこう呼ばれる。 現在YouTubeにはネトウヨを問わず、「バナナ」をはじめとする情報商材に騙された人が作ったと思われるスパム動画が散見される。その動画の説明欄には情報商材のHPへのリンクが貼ってあることが多い。 「 banana-asp.net/lp/ 」や「 顔出し 声出し 不要 」で検索すると出てくる動画のほとんどがそれである。

ハッス[編集]

(はっす)

世界的イラストレーターはすみとしこの愛称。

パヨク[編集]

(ぱよく)

しばき隊のメンバーが発した「ぱよぱよち~ん」と左翼を合わせたかばん語

ネット右翼はハンJ民ハングル板侵攻やYouTubeのネトウヨ動画を報告しまくって潰そうぜなども当初はパヨクの仕業だと思っていたらしい。

そのことから、ネトウヨはなにかしら邪魔をされたらまずパヨクの仕業だと決めつける習性があることが判明した。

なお、「パヨク」が主流となる以前の左派に対する蔑称としては、小林よしのり『ゴーマニズム宣言』に由来する片仮名書きの「サヨク」、もしくは「不細工」とのかばん語「ブサヨク」それを縮めた「ブサヨ」などがある。

「ネトウヨは蔑称」と反発する当事者が左派・リベラル系を「パヨク」と蔑称で呼ぶことに何のためらいも無いと言うのは実に大きな矛盾を抱えているように思えるが、当のネトウヨたちは全く意に介していないのが現状である。

なお、しばき隊の野間易通は、ヘイトスピーチやスピーカーに対する実力行使(カウンター)を、言論の自由を侵害するので良くないのではないかと忌避する左翼・左派や、実力行使(カウンター)を辞さないもののセクトを前面に押し出す旧来の新左翼を批判して、ヘタレた左翼を略した「ヘサヨ」という呼称を使っている。

2018年8月にはBAN祭りに反発するネトウヨが反撃と称して「 パヨチン撃沈・秋の大運動会 」なる活動を始めたが、BAN祭りのソースを丸パクリして作られた拠点wikiは当日のうちにハンJ民の遊び場として制圧された


ハンJ[編集]

ハンJ民によって乗っ取られたハングル板のこと

ハングル板解放戦争[編集]

ハンJ民 も参照 なんJ民によるハングル板侵攻を指す。ネトウヨの弁護士に対する大量懲戒請求騒動やYouTubeヘイト動画削除運動(BAN祭り)もこの戦争の一部と見なすことができる。

ハングル板は旧2ちゃんねる時代から「ネトウヨの総本山」として魔窟同然に見られ、全容が明らかになっていなかったが、両勢力の交戦を通じてこれまで板の外に知られていなかったネトウヨの生態や特異な風習等が明らかとなった面もある。

ハンJ民はハングル板に居住していたネトウヨをほぼ制圧することに成功し、戦況はハンJ民側が圧倒的に有利ではあるものの、あらゆる場所に巣食うネトウヨを根絶するのは困難を極めるため長期化は避けられない状況にある。 現在も戦争は拡大傾向にあり、本wikiでまとめられているYouTube戦線のほか、Twitter戦線、アフィブログ戦線、知恵袋戦線など戦場は多岐にわたっている。

反中[編集]

(はんちゅう)

「反中国」の略。この場合の「中国」は大陸、つまり「中華人民共和国」ないし「中国共産党」(伝統的保守での間では「中共」と略される)であり、台湾を実効支配している中華民国は含まれない。嫌韓と並んでネトウヨのアイデンティティーの重要な支柱となっている。

反日[編集]

(はんにち)

「反日本」の略。本来だと日本国外のアンチ日本を差すが、ネトウヨは与党の政策に反対する野党支持者を「反与党」ではなく、「反日」レッテルを好んで使用する。

BAN祭り[編集]

(ばんまつり)

旧2ちゃんねる時代からの流れを汲む「祭り」として動画削除のムーブメントを指す呼称。「ヤマザキ春のパン祭り」に引っ掛けた「ネトウヨ春のBAN祭り」と呼ぶようになったのが発端で、Twitterでもこの名称でのタグが使用されている。6月以降は季節のみを変更して「ネトウヨ夏のBAN祭り」にしたり、風物詩を取り入れて「納涼! ネトウヨ夏のBAN踊り」とするなどの案が出されている。

動画削除に反発するネトウヨは「 山崎製パンに言いつけてやる 」と息まいて、「#ネトウヨ春のBAN祭り #ネトウヨ夏のBAN祭り のタグを中心にいくつかサンプルを印刷」した怪文書を 非常識な宛名書き とともに郵送で送り付けた。

[編集]

PHP研究所[編集]

(ぴーえいちぴーけんきゅうじょ)

Panasonicの出版部門。松下政経塾と交流が盛んな親米保守系極右な出版社。

プログラミング言語のPHPとは一切関係がない。

東アジアニュース速報+板[編集]

中国・北朝鮮・韓国のニュースを取り扱う板。「東亜板」「東亜プラス」とも呼ばれる。

ネトウヨの溜まり場だったが、2014年の転載禁止騒動の最中にこの板は独自文化だったことで、何やかんやあって嫌儲民と一部なんJ民による侵略を受ける。
そして公になった東亜板のコテハン貴族社会やあまりにも古すぎるネトウヨ文化は侵略者達に計り知れない衝撃を与えた。
ハングル板解放戦争はこの東亜板への侵攻の系譜にあると言えるだろう。

非韓三原則[編集]

(ひかんさんげんそく)

ネトウヨ用語。 Kの法則 に基づき韓国や韓国人(朝鮮民族)に対して「助けない、教えない、関わらない」とするネトウヨが提げる信条。「非核三原則」をもじったもの。

しかし、多くのネトウヨが事ある毎に韓国や韓国人、在日コリアン、北朝鮮などの朝鮮民族に関わる出来事に言及するというのはこの三原則の「関わらない」に反しているのではないかという疑問は常に指摘されている。

そもそも、彼ら自身が外交とか地政学とか論じているのだから、隣国である以上関わらざるを得ない(関わらずに済ますことは不可能なので、どのように関わっていくのかが課題)という点や、実際に歴史的に朝鮮半島とは交流が長く今上天皇が縁を感じていると発言していたり、現に安倍総理や麻生副首相も韓国との経済交流に積極的という事実を彼らはどう捉えているのか疑問は尽きない。

ピクシブ百科事典[編集]

イラスト投稿サイトのPixivが運営するオンライン百科事典。サブカルチャー寄りのものではアニヲタwiki(仮)、ニコニコ大百科と並んで大手に属し、プレミアム会員でないと記事を投稿できないニコニコとは異なり無料で投稿可能。

百科事典にも準用されるPixivの利用規約では、第13条13項で「人種・民族・性別・年齢・思想などによる差別に繋がる表現を使用する行為」を明示的に禁止しているが、百科事典の運営はほぼ機能しておらず、ユーザーの自治に任されている部分が大きい。 そのため一見すると荒らし放題に思えるが、利用者の傾向として政治的な話題は余り好まれず、偏向的な記事が投稿されても内容の是正や白紙化が比較的早く行われる傾向がある。記事によっては編集合戦が多発して荒れ気味になる時はあるが、ニコニコ大百科と比較してみるとその規模は限定的である。 ネトウヨが敵視する韓国や中国を含めて海外からのユーザーも多く利用しているサイトの実情が、そうした気風を形成しているのかも知れない。 アニヲタwiki(仮)、ニコニコ大百科と併用して活動しているユーザーも多く、昨今ではアニヲタwiki(仮)を牛耳る自治厨やその影響を受けたユーザーがアニヲタwiki(仮)のルールを押し付ける、暗黙の了解の名のもとに一方的に他のユーザーに押し付けてトラブルを引き起こしている。

「BAN祭り」と言う記事は存在するが、その記事ではオンラインゲームでBotやマクロなどの違反行為を行っていたプレイヤーのアカウントが運営によって一斉に剥奪されることについて解説されており、ネトウヨとは直接関係ない。なお、ニコニコ大百科でBAN祭り記事の初版を投稿したのはピクシブ百科事典を追放された(残念ながら変名して別アカウントで復活している)荒らしである。

ビジウヨ[編集]

「ビジネス右翼」の略。排外主義系の動画やフェイクニュースを発信するブログを作成・運営し、ページビューに応じた広告収入やアフィリエイト、書籍化などで利益を得ている者を指す。

ネトウヨを煽って「祭り」を起こし注目を集めるのが基本型だが、運営者自身は愛国者としての義憤から行動しているとは限らない。「愛国心は卑怯者の最後の拠り所」と指弾される所以である。

HINOMARU[編集]

(ひのまる)

RADWIMPSが2018年6月にリリースしたシングル「カタルシス」のカップリング曲。発表当初から「フレーズが軍歌のようだ」として戸惑う声が相次いだが、ネトウヨからは激賞されYouTubeやニコニコ動画での違法アップロードが相次いだ。当然ながらそれらの違法アップ動画は著作権侵害としてレコード会社への通報が行われ、即座に削除された。この時にYouTubeへ消された動画をアップした中の1人が「なりすましに厳しい主婦」こと星空サラであった。

サラはTwitterで削除通知の画像を添付して「この歌を削除するのは・・ #表現の自由 #言論の自由を弾圧しています」と的外れな主張したが、PCのスクリーンショットを撮影する方法を知らなかったらしくスマートフォンで画面を直に撮影していた。そして、その画像ではディスプレイに撮影者の顔が反射で映り込んでいたため、自称「なりすましに厳しい主婦」の正体が初老でハゲ頭の男性であることが発覚したばかりでなく、そこから芋蔓式に解析班の手で住所・氏名まで割り出されてしまうと言う自業自得の目に遭っている。

また、 KAZUYA さんが受けた著作権ポリシー違反1アウトも、この曲のジャケットを動画に使っていたことによるものであり、そのため、ハンJ民からは、愛国無罪で倫理意識の低いネトウヨを一網打尽にするために放たれた撒き餌だったと皮肉っぽく評されてもいる。

平昌オリンピック[編集]

(ピョンチャンオリンピック)
2018年2月に韓国江原道平昌郡にて開催された、第23回冬季オリンピック。

ネトウヨからは「ヒラマサオリンピック」と揶揄されており、案の定と言うべきか、開催前からネトウヨの誹謗中傷(捏造や誇張を含む)を受け、YouTubeにおいてもそれら誹謗中傷のコピペを垂れ流すだけの文字動画で溢れることとなった。

むろんこれら動画はBAN祭りによって大多数が削除の憂き目に遭っており、BAN祭り前後での「平昌オリンピック」の検索結果の比較がBAN祭りの効果を示す際に用いられることも多い。


貧困[編集]

(ひんこん)

貧しいこと。

ネット右翼曰く「貧困はパヨクの捏造」

貧困女子高生[編集]

(ひんこんじょしこうせい)

2017年夏ごろに発覚した、NHKの「やらせ」とされた報道。
女子高生うららの貧困をNHKが捏造したといわれたことからネトウヨは歓喜しこぞって貧困は左翼(反日)の捏造と騒ぎ出し産経新聞も便乗した。
しかしひとり親世帯の貧困化は生活保護の増加や数々の経済的統計[1]からみて明らかであり、うららが贅沢するのに使っている金もうらら自身がバイトで稼いだ金であることから「うららの貧困は捏造」だとは考えにくい。
事実うららの実家は家賃が安いアパートでエアコンもなかった。エアコンについてはビジネスジャーナルが誤報を流している[2]。このことから絶対的貧困ではなくても相対的貧困であるのは明白で多くの識者は新聞などで的外れなネトウヨの貧困捏造説を批判した。
またネトウヨは余命事件の懲戒請求で弁護士に払う10万円や壊れたPCの買い替え[3]資金すら用意できない貧困であることが判明しうらら事件もネトウヨが「肉屋を支持する豚」だという一例だといえる。

[編集]

ファッションショー

主にGoogle日本法人所在地の六本木ヒルズ近辺で開かれる、動画削除に抗議するデモのこと。イタリア語で「束」と言う意味のファッショ(fascio)を語源として「全体主義」を指すファシズム(fascism)と「ファッションショー」をかけたダジャレで、ネトウヨが他では見られない選りすぐりのダサダサなファッションで表に繰り出すことから、一部のハンJ民から「ファッションショー」と呼ばれるようになっている。

また、2000年代からは毎年8月15日(終戦の日)にネトウヨが軍装のコスプレで靖国神社に集うのが定番化しており、これも一種のファッションショーと言えるだろう。

火病[編集]

(ふぁっぴょん)

(ネトウヨのデマが多数含まれている日本語版はアテにならないので)英語版Wikipediaによると韓国における鬱病の一種であるとされる[4]

ネトウヨ曰く韓国人は都合が悪くなると火病を起こし発狂するというのは全くのデマで韓国人のほとんどが火病という証拠もなく[5]日本でいう鬱病もそこに含まれている。

火病の症状は以下の通りであり多くは単なる鬱病の症状と酷似する。

  • 簡単に驚いている
  • 怒りの外部化
  • 一般的に悲しい気分
  • 頻繁な嘆き
  • 「鬱」(抑鬱、「不公平」感)
  • 容易に攪拌される
  • 罪悪感
  • 差し迫った運命の気持ち

発狂に当たる「怒りの外部化」は症状の一部に過ぎず、火病=発狂というのは誇張されている。

ファビョる[編集]

(ふぁびょる)

発狂すること。火病に関する誤解が生んだネトウヨの言葉。

韓国人に対する言葉であったがインターネット上の発狂という意味ではネトウヨも発狂するのでネトウヨに対しても使われる。

フェイクニュース[編集]

政治系ブログやTwitterを発信源として故意に流されるデマや誇張を含むニュースのこと。2016年頃から世界的な問題になっている現象で、同年のアメリカ大統領選挙ではロシア・東欧から英語で発信された大量のフェイクニュースがドナルド・トランプの当選を後押ししたと言われている。

日本は「言語の壁」の問題で外国からのフェイクニュースの影響を受けにくい反面、国内でネトウヨが毎日のように動画やブログ、Twitterでフェイクニュースを粗製乱造しているのが大きな特徴で「世界最大のフェイクニュース先進国」と揶揄されることもある。YouTubeにおいてもネトウヨ系動画の大半がフェイクニュースで占められている。

主なフェイクニュースメディア

  • スプートニク (旧・ロシアのこえ)
  • サーチナ (ホルホル右翼製造機)
  • レコードチャイナ (ホルホル右翼製造機その2)
  • J-Cast (出典を明示しない飛ばし記事が多いためWikipediaでも毛嫌いされている)
  • tocana (誤訳がおおい)
  • NetGeek
  • 保守速報
  • その他ネトウヨ系アフィブログの多く

また産経新聞も時々フェイクニュースに近い報道をすることがあるのでソースである場合は注意が必要。

フェミニズム[編集]

女性の地位向上を目指す思想。

ミソジニーやインセルと対を成す。

男性のネトウヨはインセルである率が高く[6]フェミニズムを嫌悪する傾向があるとされるが、
ハンJにおいてフェミやインセルに関する話題はネトウヨを語るうえでの副次的なものでありフェミとインセルの対立煽りのスレは嫌悪されるケースがある。

フジサンケイグループ[編集]

フジテレビや産経新聞社からなるメディアコングロマリット。「目玉マーク」でおなじみ。

初代フジサンケイグループ会議議長・鹿内信隆が反共・国家主義路線を強く推進した影響を受け、現在も論調は保守的である。

大半のグループ企業がフジテレビを中心とするフジ・メディア・ホールディングスの傘下にあるが、産経新聞社は同社の子会社になっていない。この点から、フジテレビは産経新聞と若干距離を置いているといわれる。

フジテレビ[編集]

かつての人気ナンバー1テレビ局。「楽しくなければテレビじゃない」とお気楽な雰囲気とは裏腹に産経新聞を擁するフジサンケイグループらしく反共極右の路線を維持している。

かつての反共つながりや安上がり故に韓流推しをしたらネトウヨがキレて、結果悲惨なことになったが、きっと死んでも治らないだろう。

扶桑社[編集]

(ふそうしゃ)

フジサンケイグループの出版社。

ネトウヨ向けの本や雑誌を多数出版している。かつては「新しい歴史教科書を作る会」の教科書も出版していたが、ウヨゲバにより関係を解消した。


普通[編集]

(ふつう)

ネトウヨがやけに拘るワードであり、「普通の日本人」などという風に自称する事が多い。
そもそも普通の人間は自分を普通とはあまり自称しないのではないかとか、そもそも普通の人間が好んで政治を積極的に語るのだろうかとか、そもそも普通の人間が他民族を罵倒しまくるのだろうかとか考えてはいけない。

ネトウヨの「普通」という概念への拘りは、やがて「アダルトマン将軍」というワードを生み出す一因となった。

普通の日本人[編集]

(ふつうのにほんじん) 英語:Japanese General Adult Man

ネット右翼の自称。

フッジ[編集]

(ふっじ)

テキサス親父日本事務局長である藤木俊一の愛称。

不逞鮮人[編集]

ネトウヨが好んで使う朝鮮民族に対する蔑称で、古くは明治時代に日本が朝鮮半島を併合した頃から存在する差別用語。いわゆる「反日」の朝鮮人に対して用いられていた。

朝鮮を「鮮」と略すのは「朝」と略すのに比べて差別的意味合いが強いとする意見がよく見られるが、日本の「朝廷」に対して便宜的に2文字目を取って「鮮」と略したに過ぎず元々は差別の意図があった訳ではないとする説もある。それでも現代では北朝鮮を「北鮮」、韓国を「南鮮」と略すのは非常に差別的な意図を込める場合がほとんどとされ、特に韓国に関しては英語の"South Korea"を直訳して「南朝鮮」と呼ぶことも忌避されている(逆に北朝鮮は「北韓」と呼ぶことが南、つまり「韓国側からの視点」として忌避される)。ただし、韓国の全国紙に『朝鮮日報』が存在したり「南鮮アルミニウム」と言う社名の企業があることからもわかるように、韓国人自身が自称として「朝鮮」を用いたり「鮮」と略している場合は問題視されていない。飽くまでも第二次世界大戦が終わるまで支配者の立場にあった日本人が差別的な意味合いを込めて「鮮」と略すことが問題視されているのである。


プロ市民[編集]

(ぷろしみん)
沖縄のアメリカ軍基地移設問題に絡む抗議活動を行う市民団体やデモ参加者に対するレッテル。
ネット右翼やDHC・ニュース女子によると米軍基地抗議の座り込みには日当が支払われておりその出どころは反日勢力や左翼とのこと。
もちろんデマでありニュース女子の報道は誤解を与えるとのことでBPOから注意を受けた。ニュース女子の沖縄リポート放送をめぐる騒動を参照。

プロ野球[編集]

(プロやきう)

野球のプロフェッショナルスポーツ。日本プロ野球(NPB)はセントラル・リーグ(セ・リーグ)とパシフィック・リーグ(パ・リーグ)の2リーグがそれぞれ6球団を抱えた12球団制。

BAN祭りが長期化して5ch外の外部に拡大した今はなんJ以外の出身であるハンJ民も現れてきたが、未だに本土であるなんJ民が現在のハングル板の住民層の大半を占めていると思われる。そのため、プロ野球の試合が開催されている時間の間は野球観戦及び実況の場に移動するため、通報人が減るという見方がある。なお、応援している贔屓の球団が負けたストレス発散として通報活動に精を出す者もいるので、良いエネルギー補充の役割も果たしている。

文学的修辞[編集]

百田尚樹が矛盾や不整合を誤魔化すパワーワードw

憤青[編集]

(ふんせい、フェンチン)

中国版ネトウヨともいうべき存在。「憤怒青年」の略で、民族主義的、愛国主義的な言動をとる。 日本のネトウヨ同様、中国のネット世界において一般ユーザーから煙たがられている。 憤青の過激な主張を中国人全体の意見と思い込んで日本のネトウヨが過剰反応することもあり、「日中のアホ同士で煽りあってるだけ」との冷めた見方もある。

[編集]

ヘイトクライム[編集]

2016年7月に起こった「相模原障害者施設殺傷事件」が一例。

ヘイトスピーチ[編集]

自分では変更不可能な属性(人種や性別など)に対する攻撃のこと。信仰している宗教に関しては「改宗が可能だから含めるべきでない」とする意見と「民族的な出自と結び付いている場合は含めるべきだ」とする意見に分かれている。 ネトウヨがヘイトスピーチを非難された際に言う常套句の一つに「左翼の安倍首相叩きやアメリカ兵に『国へ帰れ』と言うのもヘイトスピーチだろ(だから自分たちのヘイトスピーチも問題ない)」というものがあるが、これは(おそらく意図的な)誤用である。

なお、日本で2016年に成立・施行されたヘイトスピーチ解消法では合法的に日本で居住している外国籍の住民に対象が限定されているため、元から日本国籍の アイヌ や 琉球民族 、あるいは難民認定申請者や在特会から攻撃されていたカルデロン一家のような不法入国・滞在者の立場にある外国人が対象に含まれていないと言う問題が指摘されている。

平民[編集]

竹田恒泰氏のこと。皇族の血を引いているが、臣籍降下により立場上は平民であることを皮肉った言い方。

ヘーボ[編集]

エスペラント語で「草」

なんJでエスペラント語を使う色盲絵師が流行った流れでハンJでも時々使われる。

[編集]

BOY'S[編集]

(ぼーいず)

故・やしきたかじん子飼いの番組制作会社。

関西はおろか日本中をネトウヨに染めた戦犯会社。

放送コンテンツ適正流通推進連絡会[編集]

(ほうそうコンテンツてきせいりゅうつうすいしんれんらくかい)

一般社団法人放送サービス高度化推進協会(A-PAB)が運営しているサイト。

崩壊[編集]

(ほうかい)

嫌韓本や反中本などのタイトルでやけに用いられる事が多い単語。これらの本の著者は、いずれも独自の経済分析を基に「中国や韓国の経済(時には一歩踏み込んで国家体制)が近く崩壊する」との結論を説いているとみられる。

1997年に韓国を襲ったIMF危機を発端として、2000年代初期から韓国や中国の経済崩壊を予言する本が多く出版され「崩壊本ブーム」の様相を呈していた。しかし、ブームから15年以上経っても両国の経済崩壊ないしそれに類する経済状況の激変は一向に観測されない状況が続いている。2010年代に入ると流石に「崩壊詐欺」と嘘吐き扱いする声も増えているようで、依然として刊行は続いているが売上は停滞気味な模様。ネトウヨ層からもこれらの崩壊本に対する信頼は失われているのかも知れないが、ネトウヨ系のチャンネルやフェイクニュースを発信するブログでも「中韓崩壊」のようなタイトルを付けるものが依然として目立っている。

北斗の拳[編集]

(ほくとのけん)

原作:武論尊、作画:原哲夫のコンビでかつて『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載されていた、日本を代表する人気漫画作品の一つ。元から有名な作品だが「ゆっくり保守チャンネル」が政治的思想の源流として挙げたのを契機に本作からのネタが頻出するようになった。ニコニコ大百科には「北斗の拳で保守思想を学んだ男」という記事が作られている。

ネトウヨからは「無抵抗主義の村」の話が9条を支持する護憲派へのカウンターとして持ち上げられることが多いが、そもそもこのエピソードは政治的な思想と照らし合わせる意味も要素もない話である。

北斗の拳で保守思想を学んだ男[編集]

(ほくとのけんでほしゅしそうをまなんだおとこ)

ゆっくり保守チャンネルの投稿者ぎっくりの綽名

保護者の方に見ていただいてはいかがでしょうか?[編集]

YouTubeでの動画削除にキレたネトウヨがGoogleのフォーラムに乱入して書き込んだ抗議コメントに対し「YouTubeのチャンネル停止は全世界同一の基準で行われており、異議申し立ての窓口も全世界同一です。このため、日本でチャンネルが停止されて、アメリカで停止が解除されるということはありません」と返信した。しかし、ネトウヨはこの返答に納得せず執拗にGoogleの対応を批判し続けたため、呆れたGoogleエキスパートが「もし内容がよく理解できないようでしたら、お近くのご家族や保護者の方に見ていただいてはいかがでしょうか?」と返答したのが由来。

このことから、ネトウヨの多くに見られる逆ギレや読解力の低さを丸出しにしたBAN祭りへの抗議に対しては「保護者の方に見ていただいてはいかがでしょうか?」と返すのが一種のテンプレートとなっている。

蛍の光[編集]

スコットランド民謡を基にした有名な唱歌で、閉店時のBGMとしておなじみ。阪神タイガースの応援で炎上した相手投手降板時にうたわれていたが、野球解説者からの苦言から最近は減りつつある。主にこのスレではBANされたネトウヨへ皮肉を込め歌詞が書き込まれる。

北海道帯広工業高等学校[編集]

(ほっかいどうおびひろこうぎょうこうとうがっこう)

KAZUYAの母校。

KAZUYAの存在で風評被害に晒されている十勝地区の工業高校。


掘り[編集]

(ほり)

ネトウヨ動画の規約違反部分を見つけ出すため、延々とネトウヨ動画を見続け、違反部分を本スレに貼りつけること。ネトウヨ動画は、在日コリアンではないハンJ民であっても非常に精神的な苦痛を伴う行為であり、掘りの作業を行うためには選球眼だけではなく、強いメンタルが必要になる。このように精神的につらい作業であるため、本スレに規約違反部分を秒単位で特定し、URLを貼り付ける者については「堀りニキ」と呼ばれる。

ホルホル[編集]

(ほるほる)

自画自賛すること。

もともとは韓国のスラングでえっへんを意味し、韓国人の自国文化の自画自賛を揶揄する際にネトウヨや嫌韓によって使われた。

しかし、日本スゴイ~デスネ視察団やぶっこみジャパニーズをはじめとした自国を自画自賛するテレビ番組が日本国内でも人気を集めたことから次第に日本人による自画自賛をさすようになった。

ホルホル番組[編集]

(ほるほるばんぐみ)

日本スゴイ~デスネ視察団やぶっこみジャパニーズ、ネプ&イモトの世界番付といった日本賛美の番組のこと。

中身は白人に日本の文化や風習をを褒めてもらうといったものである。一見外国人の反応に見えるがアフィカス同様編集されており、吹替やカットなどによって都合のいい=ネトウヨが喜びそうな意見を言う白人だけをピックアップしていることから実質やらせの偏向報道である。

朝日新聞の偏向報道には厳しいくせに日本すごい系番組の偏向には一切口を出さないネトウヨにはあきれるばかりである。

ホルる[編集]

ホルホルすること。


本日わたしは炎上しました[編集]

『まんがタイムきららMAX』(芳文社)で連載されていた、炎上系YouTuberの美少女を主人公とする漫画作品。作者:どげざ。

BAN祭りや『二度目の人生を異世界で』の炎上騒動から続く反ヘイトの動きの中で、本漫画の作者であるどげざ氏がTwitterで大量のヘイト発言をしていたのが発掘され、炎上騒動に発展。ハングル板でも大きく話題となり、皮肉にも作者の状況と漫画タイトルが完全にリンクするという珍現象に見舞われた。なお、騒動の翌月に発売されたきららMAX9月号では「都合により」掲載予定だった第6話が載らず、このまま連載打ち切りになるものと見られていた。 どげざ氏は謝罪後ツイートを停止していたが1ヶ月後に再開。やたら「外国人大好き」をアピールしたり煽り気味に次号掲載を予告するなど本当に反省したのか疑わしい態度を取っていたが、結局その翌日にきららMAX公式から8月号掲載分を以って最終回、つまり次号掲載も無く打ち切られることが正式に告知され、氏のアカウントも数時間後に消滅した。

また、どげざ氏に続いてかつてドラクエ4コマのレギュラー執筆陣だった山崎渉(わた・るぅ~)氏も同じように数々のヘイトスピーチを発掘されて炎上したが、同氏の近作『てみたー!』(ワニブックス『コミックガム』連載)も動画配信をテーマとする点が『本日わたしは炎上しました』と共通している。

本土[編集]

なんでも実況J板を指す単語として一部のハンJ民の間で用いられている。なんJ民に侵略されたハングル板を植民地として見たことから由来。

本能[編集]

一般的な意味では、動物が生まれつき持っていると想定されている性質のことを意味する単語。

「北斗の拳で保守思想を学んだ男」と煽られることになった「ゆっくり保守チャンネル」のぎっくりが、反論として「保守の主成分は本能だと思っている」との見解を見せた。 保守思想に本能を持ち出す辺りが、政治的思想に対するネトウヨ独特の世界観を見ることが出来る。

註釈[編集]

  1. 厚労省の資料
  2. http://biz-journal.jp/2016/08/post_16526.html
  3. BUZZAP!の記事
  4. Wikipedia EN
  5. 9割というデータは過去に一度でも火病を発症した経験があるというアンケートの結果に過ぎず現在進行形で発症しているコリアンの火病患者の数ではない。
  6. これは嫌儲民にもいえるが