用語集/ま行

提供: ハンJ Wiki
移動先: 案内検索
用語集
- - - - - - - - - - 英数

[編集]

松下政経塾[編集]

(まつしたせいけいじゅく)

Panasonicによる親米保守系、新自由主義系の人材育成施設、というより洗脳装置。

満鉄列車[編集]

現在の中国東北部にかつて存在した南満州鉄道、およびそれを運行する旧大日本帝国の国策企業である南満州鉄道株式会社のこと。

ハンJにおいてはネトウヨに対する「満鉄列車ではよ帰れ」という煽りでよく使われるが、これはなんJにて使われていた電車野次に由来する。かつては鉄道会社がプロ野球球団を所有することが多く、そこから鉄道系球団同士の間の内輪ネタとして帰れコールができたのだった。

満鉄が大連-ハルビン間で運行していた「あじあ号」は大東亜共栄圏を象徴する存在であったため、大日本帝国時代の植民地政策を肯定するネトウヨに対して板内で電車野次が使われるようになった。

なお満鉄に電化区間はなかったため「満鉄電車」と呼ぶのは不適切である。

[編集]

MeToo[編集]

「セクハラ反対運動」のこと。

ミソジニー[編集]

「女性蔑視」のこと。

ミュート[編集]

「音声を出さない」「無音・無言の」といった事を意味する単語だが、ネット上ではTwitterにおいて、特定ユーザーを自身のTwitterのタイムラインに表示させなくするミュート機能の事を指す場合が多い。

ハンJ民の手によってネトウヨのTwitterアカウントが凍結されることになり、その中には多数のフォロワーを持つ大物に分類されるアカウントもあったが、ネトウヨ側からは凍結されたアカウントについて言及や心配をする声がごく一部を除いて見られなかった。その非情さと無関心っぷりを見たハンJ民からは「ネトウヨは本当に気に入ったフォロワーを除いて殆どミュートにしているから気が付かないのではないか」などと皮肉る声が出た。

[編集]

[編集]

メイン盾[編集]

(メインたて、メインじゅん)

BAN祭りにおけるネトウヨからの批判や攻撃をハンJ民の代わりに受けることになる者を指す。なお、盾になる理由の大半はネトウヨが陰謀論や被害妄想を拗らせた事による物。

メイン盾とされる対象は、左翼、リベラル系、香山リカ氏、しばき隊、ニュース速報(嫌儲)板の住民などである。BAN祭りに乗じて自ら積極的かつそれまで散々ネトウヨから攻撃されて来た逆襲とばかりにネトウヨを煽っている「リカネキ」こと香山リカ氏の場合は「メイン盾」として扱うには少し違うのかもしれないが。

メタデータ[編集]

あるデータに付随してそのデータに情報を付加するデータのことで、簡単に言えば「データについてのデータ」

一般的には検索エンジンにおいて検索対象となるデータを集約したデータのことを指し、動画サイトにおいてはサムネイルや動画タグ、動画説明文などがメタデータに該当する。

YouTubeにおいてメタデータもこれらが該当し、通報スレ内で動画タグが一般的。YouTubeの動画タグはニコニコ動画のタグと異なり、投稿者のみが設定でき、視聴者はどのようなタグが設定されているかを知ることは視聴画面やプレーヤーから把握できず、動画ページのソース表示でしか設定タグを知ることができない。タグを上手く利用すれば検索に引っかかりやすくなり、再生回数の増加が見込まれるが、動画内容と関係の無い単語を埋め込む事はガイドライン違反である。今回の祭りでもメタデータを悪用しているネトウヨチャンネルがいくつか見つかっており、YouTubeへの報告が続いている。

[編集]

文字動画[編集]

(もじどうが)

大半はYouTubeの収益化目的で作成された動画。

芸能ネタなど多岐に渡るけど、2018年2月のチャンネル登録者1000名以上限定の収益化に移行した際に大半が動画投稿がストップしている。「ネトウヨ文字動画」のその一つ。

モリカケ[編集]

第三次・第四次安倍政権で持ち上がっている「森友・加計学園問題」の略。

ネトウヨが火消しのため野党の質疑や国会対応をあげつらったり、森友学園の籠池前理事長の発言は信用できないと言うネガティブイメージを醸成する目的でYouTubeにフェイクニュースを流す事例が非常に多く見られる。

通報する側から見た場合、見出しが映像と一致していないミスリードであったりテレビのニュース映像を使用する著作権侵害などでアウトを取りやすい。

モルモット[編集]

病理学の実験動物として利用されたテンジクネズミ属の一種。実験に使う人物を「モルモット」と表現するのは、創作物においてよく見られる演出である。

一部のハンJ民が著作権砲の効果の実証実験の為に、ネトウヨとは無関係の淫夢実況や漫画の無断転載といった動画を扱っているチャンネルを通報の練習台として利用。

このように利用されたチャンネルがモルモットと呼ばれた。ちなみに、淫夢実況のモルモット実験は大成功の結果を残した。


註釈[編集]