用語集/や行

提供: ハンJ Wiki
Jump to navigation Jump to search
用語集
- - - - - - - - - - 英数

[編集]

八重山日報[編集]

(やえやまにっぽう)

沖縄県石垣市に本社を置き、八重山諸島(石垣市・竹富町・与那国町)を拠点とするローカル紙。1977年創刊。現経営陣は「県紙の沖縄タイムスと琉球新報が左派系の偏向報道を行っている」と主張し右派色を鮮明にする紙面への刷新を断行した。公称部数は6,000部で八重山毎日新聞(1万6,000部)にも大きく水を開けられている状態である。

2013年に産経新聞との業務提携を実現し、2017年には沖縄本島での宅配を開始した。ネトウヨの間では「パヨクに乗っ取られた沖縄メディアで数少ない信頼できる媒体」と称賛されており、米軍基地県内移設反対運動を中傷するヘイト動画でもソースとして多用されている。なお、日本へ返還される前の沖縄では『沖縄時報』と言う親米右派系の第3県紙が発行されていたが、部数の低迷によりごく短期間で廃刊したことは余り知られていない。

Yahoo!知恵袋[編集]

(やふーちえぶくろ)

ヤフー株式会社が運営する利用者参加型Q&Aサービス。

2004年にサービスを開始した老舗サイトではあるが、珍妙な質問・回答、荒らし、差別、誹謗中傷が事実上放置されてきたため、ネット上では「Ahoo!知恵遅れ」などと揶揄されていた。

こうした中、ヤフーは2018年6月18日に「不快投稿への対応強化」を発表し、利用規約に違反する投稿については迅速に削除する方針に転換した。

ヤフコメ(Yahoo!ニュースコメント欄)[編集]

Yahoo! JAPAN上で公開されているニュース記事で、同サイトにID登録をしたユーザーがコメントを書き込めるスレッド型掲示板サービス。コメントに対する支持表明を表せるボタン機能もある。

ネトウヨの溜まり場として知られ、特に2014年の規制開始以前は1人で複数のIDを使い回せるため工作し放題だった。今では複数IDを使い回してコメントする行為は規制されているが、依然として政治関連の記事ではネトウヨが大量にコメントを書き込んで殺伐とした雰囲気と化すことが珍しくない。政治以外でも特定のスポーツ選手への粘着や芸能人への誹謗中傷などのコメントが溢れているため「ネットの中でも特に底辺層の集う場所」という印象がすっかり定着している。

BAN祭りの発生後、2018年6月12日には「 Yahoo!ニュースのコメント機能 アカウントの投稿停止処置について 」と題する対策強化が発表され、一定期間内に不適切なコメントを複数回投稿した場合はアカウント停止措置を取る場合があるとしている。

[編集]

YouTuber[編集]

(ゆーちゅーばー)

YouTubeに顔を出して投稿するクリエイターのこと。

ゆっくり保守のようにキャラクタに喋らせる動画や文字だけの動画を投稿するクリエイターはYouTuberとは言わない。

ネトウヨ動画をアップロードするYouTuberはビジウヨや愛国ビジネスと揶揄されておりその筆頭のKAZUYAチャンネルは年収1000万円とも推測されていた。

最近は大物Youtuberにあやかり、をわざと全角にすることが流行している。

YouTube[編集]

(ゆーちゅーぶ)

世界最大の動画サイト。

動画を投稿すると一定以上の条件を満たした場合に限り再生数に応じて報酬がもらえる。

その制度が悪用され再生数だけを目的とした文字動画を大量に投下するビジウヨを量産した。

ネトウヨ(ビジウヨ)が文字動画を大量に投稿し検索結果が文字動画で占領されてしまっていたことが検索汚染だと反感を買い「YouTubeのネトウヨ動画を通報しまくって潰そうぜ」「ネトウヨ春のBAN祭り」の直接の原因となった。

ユピピ[編集]

(ゆぴぴ)

色盲絵師の笑い声と言うか鳴き声。ユピーとも鳴く。

[編集]

ようつべ[編集]

YouTubeをローマ字読みしたもの。さらに縮めて「つべ」とも。

余命三年時事日記[編集]

(よめいさんねんじじにっき)

ネトウヨによるブログ。通称余命ブログ。読者に特定の弁護士に対する懲戒請求を唆し、ハンJ侵攻(解放戦争)の直接の発端となった大量懲戒請求騒動を起こした。 過去にも、ウヨマゲドンなどの騒動を起こしている。

註釈[編集]