用語集/ら行

提供: ハンJ Wiki
移動先: 案内検索
用語集
- - - - - - - - - - 英数

[編集]

[編集]

琉球[編集]

(りゅうきゅう)

沖縄の古い国名。今日でも雅称として使われる。
ネトウヨの認識では琉球王国は中国(清朝)に媚びを売り沖縄を中国の一部にしようとするなど日本を貶した裏切り者であり琉球処分は残当らしいが勝手に琉球の独立を弾圧し侵略したのは大日本帝国と薩摩藩である。
また琉球王国は中国の属国と言われることもあるが正確には冊封国であり属国とは別の概念である。冊封国が属国となるならば足利義満が冊封された日本も中国の属国となってしまう。
日本は方言札をはじめとした琉球文化に対する徹底的な弾圧など同化政策を行い、同化して日本人としてのアイデンティティを持った琉球人も内地では差別され先の大戦では本土決戦のための捨て石としてしっぽ切りされる屈辱を受けた。
その流れは現代にいたっても変わらず琉球語や琉球の諸文化は抑圧され、国連によると保護が不十分であるとされた。

なおネトウヨはその国連の勧告を沖縄の分離主義を煽る左翼や中国の陰謀とみなしており、相変わらず沖縄や琉球に対する無理解と差別的な言動を繰り返している。

沖縄ヘイトも参照。

琉球語[編集]

沖縄方言ともいう。言語学の分類において琉球語は全く別な言語であると認識される。そのため国連は琉球語の保護と尊重を訴えているがネトウヨはそれを分離主義の煽動として拒絶し沖縄の人々に対しての差別を続けている。

似たような例として同じ島国であり日本と同様に少数派のウェールズやコーンウォール、ゲールの文化を弾圧した歴史をもつイギリスではその過ちを認識し今日ではウェールズ文化やコーンウォール文化、ゲール文化の言語を尊重し保護する動きが国レベルで進められている。

ネトウヨは中国のチベット人に対する弾圧を非難することには必死ではあるが沖縄・琉球への差別や弾圧については目を背けている。なお中国では中国政府主導でチベット文字をコード化しチベット語のOSを作る、チベット語の新聞を発行するなど弾圧するどころかチベット文化を比較的尊重しているとされる。

沖縄ヘイトも参照。

利用規約[編集]

(りようきやく)

サービスを利用するためのルール。

Youtube、Twitter、Yahoo!知恵袋など、あらゆるネットサービスがそれぞれ固有の利用規約を定めており、ユーザーは利用規約を遵守することに同意した上でサービスを利用している。ニコニコ動画など一部を除き、ほとんどのネットサービスの利用規約には「差別や誹謗中傷の禁止」が明示されており、利用規約に違反したコンテンツは削除する旨が定められている。

BAN祭りにおいて、ハンJ民は利用規約違反の可能性があるコンテンツを運営側に通知しているにすぎない。最終的に利用規約違反に該当するかどうかを判断するのは運営側である。

[編集]

[編集]

冷笑ウヨジッジ[編集]

(れいしょううよじっじ)

長谷川亮太の酉(◆YAGAMI99iU)をつけて暴れるネトウヨ

ハングル板原住民ではなくふたばちゃんねるからのお客さんだといわれている

冷笑系[編集]

(れいしょうけい)

上から目線の第三者視点でDD論(どっちもどっち論)を振りかざすネトウヨの一種。

連呼リアン[編集]

(れんこリアン)

ネトウヨがその呼称に反発し「ちょっとでも気に入らない相手に“ネトウヨ”のレッテルを貼り付けて連呼する厨房(「中学生」を意味する「中坊」からの転化で「中学生並みのメンタルの持ち主」を指すネットスラング)」の意味で「ネトウヨ連呼厨」と呼んでいたのが由来で、朝鮮人(狭義では南の韓国人のみ)を意味する英語の“Korean”とのダブル・ミーニングになっている。そのため、ネトウヨの側からは(当たっているかどうかはともかく)国籍透視の意図で使う場合がある。


[編集]

ローガン・ポール騒動[編集]

(ローガン・ポールそうどう)


2017年12月、アメリカ合衆国でYouTuberとして有名なローガン・ポールが日本の富士山麓を訪れ、青木ヶ原で撮影した「自殺死体動画」をアップロードし、
YouTubeが「過激動画」に当たるとして広告契約を解除した事件。
YouTubeがコンプライアンスを強化する一因になったと指摘されている。

註釈[編集]