蟹江幹彦

提供: ハンJ Wiki
Jump to navigation Jump to search

蟹江幹彦(かにえ みきひこ)は、青林堂第4代社長。

概要[編集]

漫画雑誌『ガロ』を刊行していた名門ながら慢性的経営難が続いていた青林堂の下請けでねこぢるのキャラクター商品製造などを受託していたが、混乱に乗じて経営権を掌握し第4代社長に就任する。

『ガロ』休刊後の青林堂はヘイト本を粗製乱造する編集方針へ転換し、はすみとしこテキサス親父など大物ネトウヨが集う拠点に変貌した。

一方では営業部員に対する強引な退職勧奨を巡って訴訟が起こされており、この訴訟の原告側代理人を務める佐々木亮弁護士に対して同社刊の『余命三年時事日記』が書類の雛形を付録にして煽った大量の懲戒請求がBAN祭りの遠因となっている。