道具箱

提供: ハンJ Wiki
Jump to navigation Jump to search

【出張所サイトマップ】

【TOP】#ネトウヨサイト裸祭り・出張所 トップページ
【事前学習】アフィリエイトの仕組みと問題点
【重要】規約違反かどうかの確認
広告主企業への通報方法 ブログ機能提供会社への通報方法 広告配信会社への通報方法(上級者向け)
【各種通報用テンプレート】
広告主企業への通報テンプレート ブログ機能提供会社への通報テンプレート 広告配信会社への通報テンプレート
【外部ウェブサイト紹介】
ネトウヨサイト一覧
道具箱(サイト解析ツール等)



◆【道具箱】[編集]

このページではネトウヨサイト裸祭りで活躍する便利な外部サイトをまとめておきます。
どういう場面でどう使うかについては各項のリンク先Wiki内ページで解説してありますので、適宜ご覧ください。

■Web魚拓[編集]


Archive.today(旧名称Archive.is)
http://archive.is/

★有効な場面:広告主企業への通報ブログ機能提供会社への通報広告配信会社への通報

ネトウヨサイトの通報においてはほぼ必須と言えるツール。
裸祭りでは人権侵害をやらかしているWebページを証拠としてURLで報告するため、その問題のページが消されてしまうと規約違反の証拠を示す事が出来なくなってしまう。
通報の結果によってはヘイトブログ管理者が問題の記事をその場しのぎで削除する事があるが、複数の広告主・広告配信業者に同内容の通報文で通報した場合、遅れて通報に対応した企業の担当者がヘイト記事を確認する頃には問題の記事は既に削除済み…という事が起こり得る(個人的には、Yahoo!系列の問い合わせは対応が遅い印象がある)。しかし、Web魚拓を利用すればほぼ半永久的にその問題のページがアーカイブ上に保存されるため、そのような心配も無くなる。

また、ヘイトブログ側が問題の記事を一度削除したものの、その後も何食わぬ顔で別のヘイト記事を投稿しているようなケースにおいても有用。
削除された過去ヘイト記事を引用する事で「過去にこんなヘイト記事を投稿しており当時も問題化し記事を削除したが、相変わらず同じようなヘイト記事を常習的に投稿しており、改善が見られない(=アカウント剥奪しか解決策が無い)」という事を示せる。

日本国内のWeb魚拓サイトも存在するが、あろう事か「削除依頼で魚拓が削除される」という何の為の魚拓やねん…と呆れさせる事がそれなりにあり得る(特に「ウェブ魚拓」 https://megalodon.jp/ ではヘイトブログ管理人=著作権者が削除申請すれば、ほぼ確実に申請が通ると思われる)ため、非推奨。
海外の魚拓サービスであり、厳しい削除ポリシーがあり削除依頼を突っぱねる(笑)という点で安定の信頼感がある、上記の「Archive.today」がお勧め。


■WordPress検出サイト[編集]


isitwp
https://www.isitwp.com/

★有効な場面:ブログ機能提供会社への通報

そのヘイトサイトがどのような媒体を使っているかを検出するツール。オープンソースのブログソフトウェアであるWordPressを使っているか否かと、そのサイトが使用しているサーバーが判る
ヘイトブログはライブドアブログ等の大手ブログサービスを利用している事が多いが、画面上に表記が無く、どのブログサービス運営に通報するべきか判らない場合はこのサイトを利用してみると良い。WordPressを使っておらず、サーバーが「LINE Corporation」と出る場合はライブドアブログでほぼ間違いない。

WordPressを利用しているサイトはブログサービスの規約違反を問う事ができないので、利用サーバーの規約違反によるサイト凍結を狙う事になる。
悪質なヘイト記事で広告が丸裸にされた保守速報ですら、サーバー提供会社である「さくらインターネット」は利用停止処置を行っていないので実現は難しいと思われるが、大量懲戒請求で有名な余命三年時事日記がサイト閲覧不可になっている(※2019年1月27日現在)件はエックスサーバー社側の処置の結果だと見られているので[1]、今後の動向に注目したい。


■アフィコード検出サイト[編集]


アフィコード計算機
http://anti.rosx.net/afks/idex/

★有効な場面:広告配信会社への通報

そのヘイトサイトがどこのアフィリエイトサービスを利用しているか検出するツール。
詳しい利用方法は「広告配信会社への通報方法」のページに記載しているので参照してほしい。

ヘイトサイトと契約しているアフィサービスを剥がす事ができれば、それだけでネトウヨ管理人にとっては大打撃のクリティカルヒットとなるので、是非とも積極的に狙っていきたい。


■各サービスへの通報文生成サイト[編集]


copipe110α
http://anti.rosx.net/afks/cpp/

★有効な場面:ブログ機能提供会社への通報広告配信会社への通報

前述のアフィコード計算機と同じサイト内のツール。アフィコード計算機の検出結果からそのままcopipe110αページに移り通報文を作成する事も可能(この場合、下記入力項目が検出分だけ自動で埋まる)。
規約違反サイト名、URLを記入、違反サイト形態を選択、違反内容を「差別」に設定、通報先ASP(広告配信業者)を選択する事で通報文を出力できる。
検出or設定された項目に応じて、通報できるサービスそれぞれ宛の通報文が片っ端から生成される。例えばヘイトサイトがライブドアブログでグーグルアドセンスを利用、にほんブログ村に登録されている場合、その全てのサービス宛の通報文が一発で出てくる。通報フォームへのリンクも一緒に表示されるため非常に便利。

非常に便利だが、当然の事ながら裸祭りの文脈で書かれた通報文ではないので、そのままでは主張が弱い。当Wiki内「ブログ機能提供会社への通報テンプレート」「広告配信会社への通報テンプレート」のページにも通報用のテンプレートがあり、そちらではヘイトサイト問題への言及があるので、適宜内容を組み合わせる等して工夫しよう。通報文を使わずに通報先&規約の違反部分を確認するだけの用途でも十分有用だろう。
自分だけのオリジナル通報文テンプレを作る時の素材としてもお勧め。


脚注[編集]

  1. 執筆時点ではほぼ弁護士高橋雄一郎氏のツイートしかソースが無い事には注意。