Kさん

提供: ハンJ Wiki
移動先: 案内検索

Kさん(けーさん)とは、ネトウヨ春のBAN祭りを裏で操ったとされる人物。その正体は謎に包まれている。

概要[編集]

平成30(2018)年5月中旬、ハンJ民を中心に活性化したネトウヨ春のBAN祭りについては、平成30(2018)年7月25日の時点で800以上のチャンネルが凍結され、40万以上もの動画が削除された。烏合の衆であるはずのハンJ民たちが、特に誰かの指示を受けている様子もないのにこれだけの戦果を出すというのはあまりにも奇妙であるということから、Kさんという謎の人物がBAN祭りを計画し、指揮をとっていると噂されている。

Kさんの正体を知るものは誰もいないが、一説では自分のYoutubeチャンネルへネトウヨを集中させる為にハンJ民を裏で操っている人物ではないかと議論されている。

正体[編集]

正体については諸説あるが、そのうちのいくつかを紹介する。


陰謀論説

Kさんについては誰もその正体を見たものはおらず、存在しないのではないかという説。古来より「幽霊の正体見たり枯れ尾花」という言葉があるが、疑心暗鬼に陥ったネトウヨは物事を陰謀論で大袈裟に考えがちである。また、単にネトウヨからの追及を避けるため、背後にKさんという大物がおり、ハンJ民はその指示をうけているだけだ、と責任回避のためにKさんを作り上げたのではないかいう見解も唱えられている。

KAZUYA説

保守派Youtuberの中でもKAZUYAは50万近くのチャンネル登録数を誇っており、ハンJ民が知る限り、KAZUYAは最大の保守派Youtuberである。そのKAZUYAが、自分以外の保守派動画を削除することにより、KAZUYA一強の状態を作り出すがため壮大な計画であるとする説。

共産党説

削除された動画には、ヘイトスピーチを原因としたものが多かったが、野党を攻撃するものものふくまれていた。そのため、Kの頭文字をもつ野党、つまり共産党が主体となったのではないか、という説が広められている。

内閣官房説

ネトウヨ春のBAN祭りは安倍晋三内閣総理大臣のご意向に沿ったものであることから首相案件という考えがある。2020年の東京五輪までに国内のヘイトを撲滅したいという意向を国のトップが持っていてもおかしくはない。また、「一部の国、民族や文化を排除しようという、憎悪をあおるような過激な言動は極めて残念だ。決してあってはならない。日本国民、日本国の品格に関わることだ」(平成28年3月18日の参院予算委員会にて)と首相自身述べている通り、首相個人としてもヘイト撲滅に向けた意欲があったのではないかと推測される。しかしヘイト撲滅のためには、ヘイトの供給源となっている動画を消す必要がある。そこで内閣官房が官房機密費を使ってハンJ民に動画削除のための通報をさせているのではないかという説。この説を採る場合、Kとは官房の頭文字を指すものである。

タケヨシキ説

タケヨシキは、ネトウヨの目の敵にされている嫌儲板の板長とされる人物であり、平成26(2014)年の東亜騒動に関与したこと から、Kさんの正体ではないかと疑われている。この説によれば、Kとは、タケヨシキのTwitterアカウントのIDである「KosanOssan」の頭文字である。

香山リカ説

ご存知香山リカネキがその幅広いリアルコネクションを駆使してこのムーヴメントを操っているのではないかという説。

唐澤貴洋説

唐澤貴洋氏はご存知の通りネットに強い弁護士であるが、宇都宮健児氏を師と仰ぎ、かつてノイホイこと菅野完氏らとツイキャスで共演したり、しばき隊の原田學植氏とトーキョースイーツマフィアの開店に関わっていたことから反差別界隈との関係が指摘されている。なんJでも唐澤氏に動きがあるとスレが立つほどの影響力があり、なんJ民の恐ろしさを知る唐澤氏が彼らを雇って動員したという説がある。

また、余命三年時事日記に彼を懲戒請求するよう訴える、恒心教徒と思われる読者の投稿が掲載されたり[1]、「二度目の人生を異世界で」のアニメ化中止騒動に対してコメントを残していたり[2]表でも今回の一連の騒動に関わっている。